プレッシャー世代とはどんな世代?特徴から恋愛傾向まで徹底解説!

  • プレッシャー世代の人の恋愛傾向

    現実的で適応力のあるプレッシャー世代の人達は、どのような恋愛をしているのでしょうか。プレッシャー世代の恋人が欲しいと思っている人はぜひともチェックしておきたい項目ですよね。では、プレッシャー世代の人の恋愛傾向を詳しくみていきましょう。

    結婚を前提に付き合う


    現実的な思考をするプレッシャー世代は、恋愛に関しても現実的です。パートナーを選ぶ時は、結婚を前提にしているという人が多くみられる特徴があります。移り変わりの速い時代を経験している事からか、はやく安定したいという願望もあるのでしょう。

    少し堅苦しいと感じる人もいるかもしれませんが、誠実でパートナーを大切にしてくれるとも考えられます。相手を大切にするのはもちろんですが、逆に不倫等の不誠実な行動は絶対に許さない可能性も。この世代は人との繋がりを大切に考える傾向もありますので、裏切り行為には厳しく対応するでしょう。

    「物」より「体験」にお金をかける


    高価なものを手元に残すより、その時にどれだけ素晴らしい体験ができるのかを大切に考えるのもプレッシャー世代の特徴です。バブル世代などとは異なり、高価なものを手に入れても、いずれ価値がなくなってしまうという虚しさを知っているのです。

    プレッシャー世代のパートナーには高価なプレゼントよりも、思い出に残る旅行等をプレゼントした方が喜ばれるでしょう。人によっては高価なものの方が嬉しい場合もありますが、「物」より「体験」というのは、この世代に男女関係なくみられる特徴です。

    恋人は「できればいい」程度の考え方


    プレッシャー世代は、恋愛に対して消極的な人が多いです。この世代の過ごした時代は、様々なコミュニケーションツールやエンタメグッズが凄まじいスピードで発達しました。誰もが携帯電話やPHSを所有するようになったのも、この時代です。

    また、テレビゲームが一般的になった時代でもあります。家でテレビゲームをするという事が当たり前になり、一人でも楽しい時間を過ごせるようになったのです。

    これらの事から、恋人を作る必要性を感じないという人が多いのです。しかし、決して恋愛に興味が無い訳ではないので、恋人などいらないと頑なになっている人は少ないでしょう。

    恋愛に夢を見ない


    絶対に恋人を作りたいとは思わない、しかし恋愛に興味が無いという訳ではないというのがプレッシャーの世代の特徴です。いざ恋愛関係になったとしても相手に多くを求めない人が多いでしょう。

    「あなたが居ればそれでいい」という感じの、恋愛至上主義的な考え方の人は少ないです。この人は結婚に値するのか等、相手を冷静に見極めている場合もありますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)