時雨茶臼は対面騎乗の体位!やり方からメリット・デメリットまで解説

「時雨茶臼」という名称は知らなくても、実はもうやっているカップルは多いかもしれません。時雨茶臼は、対面騎乗位の中で基本となる体位です。女性に上に乗られるだけでも男性は興奮してしまいますが、もっと彼を虜にしたい!と思っている女性もいるでしょう。そこで今回は、時雨茶臼の基礎知識や、やり方、メリットとデメリットなどをご紹介します。バリエーション豊かな対面騎乗位に注目です。

  • 時雨茶臼ってどんな体位?

    時雨茶臼とは、最も一般的な騎乗位の別名です。男性が寝転がり、女性がその上に跨って動く体位になります。非処女の女性の多くは、すでにこの体位を経験しているのではないでしょうか?

    時雨茶臼とは、セックスにおける体位の種別を表す「四十八手」の一つです。これは、江戸時代から続くもので、「江戸四十八手」とも呼ばれています。

    時雨茶臼の時雨とは、女性の愛液のことを表しています。時雨とは、秋の季節に降る気まぐれな雨を意味しますね。江戸時代の男性にとって、女性が自ら上に乗って攻めることは快感次第の気まぐれに感じたのでしょう。

    時雨茶臼は、男性の手を借りずに、女性が主導で動く体位です。「時雨茶臼」という名前は聞きなれないかもしれませんが、一般的に私たちが想像する騎乗位は、この時雨茶臼のことを指すことが多いでしょう。