不妊様の意味とは?怖いと思われる特徴や重視すべき問題点を解説!

世の中には不妊に悩む女性がたくさんいます。そんな女性達の中には、不妊に悩むあまり性格がこじれて周りに気を遣わせる「不妊様」と呼ばれる人もいるようです。今回は、不妊様になりやすい女性の特徴や原因、不妊様になってしまった女性の体験談などをご紹介。また、本当の問題点や克服方法についても考えていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • そもそも「不妊様」の意味とは?

    「不妊様」という言葉を聞いたことはありますか?妊娠や出産はごく自然なことのようですが、世の中には望んでも子供ができなかったり、長くて辛い不妊治療を行う女性はたくさんいます。

    そうした人々の中で、子供ができないことに悩みすぎて性格を拗らせてしまい、他人に対する言動を問題視されている存在が「不妊様」です。

    不妊様の「様」は、横柄な態度などを皮肉ってわざとつけられており、一般的に不妊治療を行なっていたり、子供ができない人を表す言葉ではありません。

    今回は、そんな不妊様の意味や、しばしば周囲の人から怖いと思われてしまう不妊様の特徴、本当に問題視すべき点などを、まとめてご紹介していきたいと思います!

    不妊の悩みが続きこじらせた状態の女性


    不妊様とは、不妊が長く続いてしまったがゆえに、悩みすぎて性格をこじらせてしまった状態に陥った女性のことを指します。

    ここで、不妊に関する基礎知識をご紹介しておきます。一般的な不妊の定義は「避妊せずに子作りを定期的に行なっているが、1年以上妊娠しないこと」です。

    不妊の原因は大きく分けると2種類。病や怪我などが原因で子供が産めない場合と、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れ、妊娠が難しい場合の2種類が挙げられます。

    前者の場合には妊娠できない理由が明確なため折り合いがつけやすいですが、後者の場合は「子供ができるはず」という期待と常に戦わなければなりません。

    不妊様の多くも周りからのプレッシャーを受けながら期待と失敗を繰り返すことでストレスが蓄積され、結果的に性格を拗らせてしまうことが多いとされています。

    常に開き直った態度をとる


    不妊様になると、「子供ができない」「妊娠できない」という感情から、開き直って不遜な態度を取ることが多々あります。

    不妊治療を受けている女性は、妊娠や出産、子供の話題にどうしても敏感になってしまうものです。自分が子供が欲しくてたまらない状況で知り合いの妊娠が発覚したとき、内心穏やかではいられません。

    ですが、そうした時に相手への「悔しい」という感情に支配され、お祝いの言葉もなく相手の悪口を言って傷つけてしまう…そんな女性は、「何様なんだ」という意味を込めて「不妊様」と呼ばれてしまいます。

    「妊婦様」の意味とは


    不妊様と同等のニュアンスを含んだものとして「妊婦様」という言葉もよく知られているのはご存知ですか?妊婦様とは、「妊娠している」ということを免罪符に横柄な態度をとったり、我がもの顔で過度に権利を主張する人のことを指しています。

    これも、不妊様と同じように、妊娠している女性すべてを表す言葉ではありません。マタニティハイになり「自分は特別」という主張を強調する妊婦さんの言動を理解できないと感じた人が使い始めた名称です。

    特に、職場や公共の場所などで仕事や周囲への配慮に欠けた行動を取る人や、迷惑行為に走る人は「妊婦様」と呼ばれて批判される傾向が見られます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)