付き合ってないデートに誘うのはなぜ?男性心理の見抜き方を大公開!

  • 付き合ってないのにデートに誘う男性心理《遊び編》

    前章では、付き合ってないのにデートを誘う男性心理《本命編》についてご紹介しました。しかし、全ての男性がその女性のことを好きだからデートに誘っているわけではありません。

    中には遊び目的でデートに誘う人もいます。次は、付き合ってないのにデートに誘う男性心理《遊び編》についてご紹介していきます。

    肉体関係目当て


    真面目な恋愛ではなく、女性と軽い関係で遊びたいという男性は、肉体関係を求めてデートに誘うことがあります。この場合、女性は男性の好みタイプには当てはまっているかもしれませんが、交際に発展する可能性は低いです。

    それでも彼と関係を持ちたいのであれば、ワンナイトやセフレ関係を楽しむのも良いでしょう。若い頃のちょっとした火遊びは、多くの男女が経験していることです。

    しかし、真面目な恋愛をしたいと思っている女性にはおすすめできないので、ホテルなどに誘われたらきちんと断ることが大切ですよ。

    適当な相手とデートを楽しみたいだけ


    単純に誰でもいいから女性とデートを楽しみたくて、付き合ってないのにデートに誘うことがあります。この場合、デート相手を容姿で判断していることが多く、内面的な部分は全く見ていないということが多いです。

    デートに誘われた時点では「脈無し」の可能性が低いので、ノープランデートでつまらないということもあるでしょう。明らかに相手から脈を感じない場合は、デートの誘いを断るのも一つの手段です。

    都合のいい女になってしまうと、自分のステータスを下げてしまうことになるので、自分を安売りしないようにしましょう。

    キープするため


    暇なときに都合良くデートができる女性として、キープされている場合もあります。「キープ」と耳にすると、あまり良い意味で受け取ることはできないですよね。

    しかし、「2人でデートしても良いかな」と男性が思っていることは確かなので、今後、恋人候補になる可能性は十分にあり得るでしょう。

    もしそんな彼と交際関係に発展したい場合は、都合のいい女にならないことです。一度体の関係になってしまうと、都合良く利用されることもあるので、気をつけてください。

    自分の寂しさを紛らわすため


    自分の寂しさを紛らわすために、デートに誘う男性がいます。例えば、失恋や上京、転勤をきっかけに、一時的に寂しくなるということはありますよね。そんなタイミングで仲の良い女性とデートをして、気持ちを紛らわすことは良くあるパターンです。

    女性からすると、「都合良く利用されているだけ」と受け取ってしまうこともあるでしょう。しかし、今後の仲の深め方によって、恋愛に発展するチャンスもあります。

    もちろん、デートする時点では相手に脈なんてありません。今後の関係に期待したい場合は、時間をかけながら仲を深めていきましょう。

    自分のステータスを上げるため


    自分のステータスを上げるために、女性と積極的にデートをする男性もいます。具体的には、「この前はA子ちゃんとデートして、明日はB子ちゃんとデートする」というように、モテ男を演じるために、付き合ってない女性とデートを重ねるのです。

    そんな男性とデートしても、交際関係に発展する可能性は限りなくゼロに近いですよね。時間の無駄になってしまうこともあるので、真面目な恋愛をしたい女性には、おすすめできません。

    少しでも「自分のステータスを上げるため」「モテ男を演じるため」と思った場合は、一歩引くことが大切です。
  • 付き合ってない気になる男性をデートに誘う方法

    「気になっている男性をデートに誘いたい」という女性は多いですよね。デートの内容次第で、交際に発展する可能性も十分にあります。

    逆にデートに誘うことができなければ、発展するチャンスを逃してしまうことにもなるでしょう。そこで次は、付き合ってない気になる男性をデートに誘う方法についてご紹介していきます。

    「相談したいことがあるんだけど…」


    仕事や友人関係のことで悩みがある場合、「相談したいことがある」と持ちかけて、付き合ってない男性をデートに誘う方法があります。厳密に言うと、デートというよりは、相談するために二人きりで会うという感じの方が近いかもしれませんね。

    そう言われたら「頼られている」「俺に少し気があるのかも」と受け取ることができるので、男性も悪い気はしないでしょう。

    しかし、せっかくのデートで相談や愚痴ばかりをこぼしてしまうと、印象が悪くなってしまうことがあります。交際に発展する可能性が低くなることもあるので、デートに誘うためのセリフとして使って、相談とは無関係なポジティブな会話もしましょう。

    「おいしいお店知ってるの。一緒にどう?」


    「美味しいお店があるから、そこに一緒に行きたい」というセリフは、デートに誘う際によく使われます。ベタな誘い方かもしれませんが、付き合ってない男性を一番デートに誘いやすい方法ですよね。

    食事の誘いであれば、男性側も悪く受け取ることも少ないですし、あなたの気持ちや下心がバレる可能性も低いです。

    食事であれば、会社帰りに一緒に足を運ぶことができるので、大切な休日を奪うこともありません。最初は食事から仲を深めつつ、休日デートという流れが理想です。

    「最近失恋しちゃって…」


    失恋を理由に付き合ってない男性をデートに誘うのも良いでしょう。傷心の身だと、異性とデートを楽しんで、気分を紛らわせたいですよね。

    誘われた男性としても、失恋した女性とのデートは意識してしまいます。実際に失恋の相談やデートをきっかけに交際に発展するケースを耳にしたことがある人も多いですよね。

    この誘い方は、デートのOKをもらえる可能性が高いですし、交際に発展する可能性もあるのでおすすめです。しかし、むやみやたらにこの方法で声を掛けると悪い印象を持たれることもあるので、その点は注意してください。

    「あなたのことをもっと知りたい」


    ストレートに「あなたのことをもっと知りたい」とデートに誘う方法があります。多くの男性は、「俺のこと気になっているの!?」「そんなに俺のこと好きなのか!」と受け取るはずです。

    そのため、この方法でデートに誘った場合、高確率で自分の気持ちや下心がバレてしまいます。遠まわしにデートを誘う方法に比べれば、無駄な工程が省けて良いかもしれませんね。

    しかし、男性があなたを何とも思っていない場合は、この誘われ方をすると「こっちはその気はないんだけど…」と引いてしまうこともあります。相手との関係性によっては、違う手段で誘う方が良い場合もありますよ。

    「買い物に付き合ってほしい」


    買い物を理由に気になる男性をデートを誘う方法があります。具体的には、「友達にプレゼントを買いたいから一緒についてきてほしい」「テレビを買いたいから一緒についてきて」という誘い方が良いでしょう。

    あくまでも買い物を目的に誘っているので、お互いに変な意識を持たないのが良いですよね。買い物に付き合ってもらったお礼に、カフェなどで食事をご馳走しつつ、話を楽しむデートプランがおすすめです。

    デートの最後に、「今日は楽しかった」「次はもっとデートっぽいことをしたい」と軽くアピールすることで、交際関係に発展するチャンスが高まるはずですよ。