見切りをつけるの意味とは?仕事も彼氏も上手に見切りをつけよう!

あなたはどんな時に人や物に見切りをつけますか?中には今の環境を変えたくないからと、見切りをつけられずに悩んでいる人もいるでしょう。見切りをつけることは、自分のためになることも多いです。この機会に上手く見切りをつけて、今とは違う環境や関係を手に入れてみませんか?

  • そもそも「見切りをつける」ってどういう意味?

    あなたは、人や物に対して見切りをつけることはありますか?何度言っても変わらない人に対して「これ以上言っても無駄だ…」と見切りをつけ、縁を切ってしまうという人もいるのではないでしょうか。

    生活していく上で必要な仕事、また、恋愛でも、自分以外の他人との生活になりますよね。そうなると、どうしても自分と合わない人やいくら言っても通じない人が存在します。その時あなたはどうするでしょうか。

    今回は、「見切るをつける」にスポットを当ててみます。どんな人に見切りをつけるべきか、どういう状況の時に見切りをつけるべきなのかをご紹介。このままでいいのか…という迷いが生じたら、見切りをつけることも視野に入れてみると良いですよ。

    「見切りをつける」とは?


    そもそも「見切りをつける」とはどういう意味か、初めに確認しておきましょう。

    見切りをつけるとは、人や物に対して「見込みがない」と判断すること。類義語としては「見限る」「切り捨てる」「見捨てる」といった言葉があります。

    これ以上は相手できない、これ以上やっても無駄だと思った時に、諦める言葉として使われるのが「見切りをつける」ですね。簡単な言葉で言えば「もういいや」と手放した状態と言えるでしょう。