「話したい事がある」と恋人に言われたら別れ話?気なる内容を調査!

  • 「話したい事がある」≪ネガティブ編≫

    多くの人は「話したい事がある」といわれれば、ネガティブなことを考えますよね。

    では実際に、どんなネガティブなことを話されるのか気になる人もいるでしょう。そんな人のために、「話したい事がある」について考えられるネガティブな話をいくつか紹介します。

    「話したい事がある」は別れ話かも


    恋人から「話したい事がある」といわれたら、多くの人は別れ話かと思うでしょう。実際に別れ話を切り出す人は多く、真剣に聞いてほしいからこそ「話したい事がある」と切り出してきます。別れ話はデリケートな話なので、さらっと笑い話のように切り出すわけにはいきません。

    そのため「話したい事がある」と切り出すときも、初めから鬼気迫るような雰囲気を纏っていることが多いです。特に二人の関係が良好でないなら、別れ話の可能性は濃厚でしょう。

    また、恋人が鬼気迫る表情で「話したい事がある」というなら、変に茶化さないことが大切です。茶化すことでさらに溝を深めることになりますからね。

    距離を置きたい


    別れ話以外で考えられるネガティブな話といえば、二人の関係性についての話でしょう。特に二人の関係が思わしくない場合には、「距離を置きたい」「考える時間が欲しい」と切り出される可能性があります。

    現状の二人の関係性に満足ができていないからこそ、冷静になって考えたいのでしょう。あなたにこうした心当たりがあるなら、「話したい事がある」と言われた時から覚悟を決めておく必要があります。

    それこそ互いの関係性について、あなたの考えを求められるでしょう。話し合いの場で口ごもらないよう、はっきりとした意思表示をすることが求められますよ。

    仕事をクビになった


    二人の関係が良好である場合には、別れ話以外のことを話される可能性があります。その中で考えられるものといえば、「仕事をクビになった」です。特に同棲をしているカップルにとって、互いの収入は生活に大きく関わってきますよね。

    それこそ今の暮らしを続けていけなくなる可能性もあるため、相談したさに「話したい事がある」と切り出したのでしょう。仕事をクビになったなんて、笑いながらできる話ではありませんからね。

    また、プライドの高い人ほど仕事の悩みや相談を恋人にできないものです。そんな相手が神妙な顔つきで切り出してくるなら、いよいよ仕事で行き詰ったと考えることができます。

    病気になってしまった


    ネガティブな話題で考えられることといえば、「病気」も挙げられます。特に命に関わるような病気になった場合には、改めて話をしなければと誰だって思うでしょう。真剣に聞いてほしいからこそ「話したい事がある」と切り出すのです。

    また、病気の場合には必ずしも本人が罹っているとは限りません。例えば、病気に罹ったのは家族という場合もあるでしょう。看病のために生活を変える必要があるため、話を聞いてもらいたいのかもしれませんね。

    そのため病気が恋人本人のものでなくても、真剣に話を聞くことが大切です。特にそれが相手の家族であれば、親身にならなければ今後の関係に支障をきたしますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)