「話したい事がある」と恋人に言われたら別れ話?気なる内容を調査!

恋人から「話したい事がある」と言われたら、誰だって嫌な予想をするでしょう。しかし「話したい事がある」は、必ずしも悪い内容とは限りません。中にはハッピーな話題もあるので、深読みしすぎないことが大切です。また考えられる内容について徹底的に紹介しますよ。

  • 「話したい事がある」に含まれる意味

    誰だって大切な人から「話したい事がある」と言われれば、「何かしたのでは?」と不安になるでしょう。しかし必ずしも、その話題がネガティブであるとは限りません。

    ひとりで先走って勘違いしないためにも、「話したい事がある」に含まれる意味を知っておきましょう。相手の真意さえ分かれば、いらぬ不安を抱えることもありませんよ。

    「大事な話をしたい」という意味


    「話したい事がある」には、「大事な話をしたい」という意味が含まれています。二人にとって大事な話だからこそ、改まって話がしたいのです。緊張感のある話題なので、面と向かって聞いてほしいのでしょう。

    また、聞き流して欲しくない話題とも捉えることができます。他愛のない話をするような雰囲気で聞いてほしくないからこそ、意識を向けて欲しいのです。

    特に普段からのらりくらりと真剣な話題を避ける人にほど、「大事な話だから」と逃げ場を無くすよう話しかけてくるでしょう。

    「心の準備をしておいて欲しい」という意味


    人によってはそれこそ衝撃的なことを話されることもあるでしょう。こうした心の準備を必要とする話題だからこそ、「話したい事がある」と改まって切り出すのです。

    冷静に聞いて、そして対応して欲しいとあなたにアピールしています。軽い問題ではないからこそ、しっかりと考えて欲しいのでしょう。これが軽い問題であれば、一々「話したい事がある」と切り出したりはしません。

    二人にとって譲れない話題だからこそ、心の準備をして聞いてほしいのです。「逃げずに話し合いたい」という、相手からのアピールと捉えることができますよ。