メガネ女子はモテる?男性の本音&男ウケがいいメガネの種類も紹介!

  • こんなメガネはNG!男ウケが悪いメガネって?

    ここからは、男ウケが悪いNGメガネをみていきましょう。近頃は、オシャレメガネブームを受けてさまざまなデザインのメガネが販売されています。服のように自分のかけたいメガネを選びたくなりますが、似合わないメガネはとても野暮ったい印象になってしまうことも。

    存在感が強いアイテムだからこそ、まずは自分に似合うものを選びたいですね。これからご紹介するようなメガネは避けたほうが無難かもしれません。

    真っ赤なフチのメガネ


    真っ赤なフチのメガネは、男性からの評判があまり良くありません。メガネの色が強すぎて顔に馴染まず浮いてしまうため、顔の印象が残りにくくなってしまいます。時には「赤メガネ」などのあだ名をつけられてしまう可能性も。

    極端に主張の強いメガネは、子供っぽい印象を与えてしまいます。また、赤メガネを愛用しているお笑い芸人さんもいるため、そちらのイメージに引っ張られてしまう傾向が。イベント時などに注目を集める目的以外での真っ赤なフチのメガネは、避けたほうが無難でしょう。

    瓶底メガネ


    瓶底のような厚いレンズのメガネも、男性には不人気です。レンズの厚みはその人の視力を図る目安になるため、瓶底メガネをかけていると、かなり視力が低いのだと勘違いされてしまうことも。

    また、レンズがかかる部分の輪郭が大きく歪んでしまうため、ひょうきんな顔に見えてしまいます。一方で、勉強のし過ぎで視力が悪くなってしまった「ガリ勉」のようなイメージがついてしまう可能性も高いでしょう。

    現在では、メガネ用のレンズはかなり進歩しており、強い度数であっても薄型のレンズを選ぶことが可能です。店員さんに確認してみてくださいね。

    女子っぽくないごつすぎるデザイン


    マニッシュなファッションを好む女子は、メガネを選ぶ際にもメンズのものを選びたくなりますよね。しかし、男性用のごつすぎるデザインのメガネは、女性の滑らかな輪郭に馴染みにくく、男性からも不人気です。

    また、男性用と女性用のメガネはサイズが大きく異なり、顔の幅に合わないことが多くなってしまいます。そのため、女性が無理にメンズのメガネをかけると、見た目に違和感が生じることも。顔の印象に馴染むデザインのメガネを選びたいですね。

    濃すぎるカラーレンズ


    上記の項目でカラーレンズをおすすめしましたが、濃すぎるレンズには要注意です。濃すぎるカラーレンズはキツイ印象になってしまい、相手に威圧感を与える原因になってしまいます。濃すぎるカラーレンズを見て、ビビってしまう男性も多いでしょう。

    カラーレンズの濃さはあくまでも、ほんのり色づく程度に。顔色やフレームとの調和などもカラーレンズを選ぶ際の重要なポイントになります。鏡をよく見ながら、繰り返し試着をしてレンズカラーを選んでくださいね。

    汚れたメガネ


    デザインからは少し話が逸れますが、汚れたメガネをかけている女子は、男性から敬遠されてしまいますので、ご注意を。やはり汚れたメガネを使っていると、「清潔感のない女子」として認定されてしまう可能性が高いでしょう。

    メガネのレンズの汚れには自分では気づきにくいもの。食事の後やお手洗いに行ったときに、メガネの汚れも細かくチェックするように心がけてくださいね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)