カップルの交際期間の平均|別れやすい交際期間や結婚するタイミング

  • 結婚までの交際期間が平均より長い時のデメリット

    次に解説していきたいのが、結婚までの交際期間が平均よりも長い時に生じるデメリットです。

    平均よりも長い交際期間はメリットばかりでは?と思うかもしれませんが、実はメリットばかりではないようです。場合によっては結婚が難しくなってしまうことも多いため、結婚願望がある上で交際期間が平均より長い人は注意が必要でしょう。

    どんな点がデメリットとなってしまうのか、早速チェックしていきます。

    結婚するタイミングを逃しやすい


    デメリット意見で多いのが、結婚するタイミングを逃しやすいということです。予め結婚の意思を固めて長い交際を続けているならば問題ありませんが、具体的な結婚の話をしないまま交際が長く続いている場合は要注意。このままダラダラとした交際が続く可能性が十分にあります。

    特に恋人に結婚願望がそこまでないと、「わざわざ結婚しなくても、今まで長く一緒にいられたんだからこのままでいいのでは?」と思われてしまう可能性大。結婚は色々と面倒な手続きなども多いため、そういったことを億劫に思ってしまうと、わざわざ結婚しないでも現状維持でいいのではないかと考えてしまうのですね。

    ある程度結婚について話し合いをしていないと、このまま交際期間だけが伸び続けることになるでしょう。特にすでに同棲しているカップルは結婚するタイミングを逃しやすいため注意が必要です。

    関係がマンネリ化しやすい


    関係がマンネリ化しやすいというのもデメリットのひとつ。交際期間が長いと、どうしてもお互い一緒にいることが当たり前になってしまい、どこか退屈な印象を感じてしまうのです。

    特にお互い共通点が少ない、一緒に楽しめるような趣味がないなどの場合、なんとなくただ一緒にいるだけの関係になりがちに。マンネリ化するとダラダラとした交際に発展しやすいため、結婚の決意も別れの決意もできず、どっちつかずになりやすいと言えます。

    どこかのタイミングでマンネリ化解消のために対策を練らないと、このままの状態が続き、時間だけが過ぎることになるでしょう。

    交際期間が平均より長いと刺激が恋しくなる


    ありがちな悩みが、交際期間が平均よりも長いと、ときめきや刺激が恋しくなるという点です。交際期間が長くなるとお互いについての理解力が深まり、居心地の良さを感じられるようになるでしょう。しかし、それとは引き換えに恋愛のドキドキやときめきなどがなくなり、物足りなさを感じてしまうこともあるのです。

    そうなってくると、恋人以外の異性に目が向くことも増えてしまうでしょう。たとえそのまま結婚したとしても、ふとした時にパートナー以外の異性に刺激を覚えてしまえば、浮気に発展する可能性も否定できません。

    平均よりも交際期間が長く、それでいていつまでもラブラブなカップルは、愛情表現をきちんとしているという特徴があります。結婚後に浮ついた気持ちを芽生えさせないためにも、愛情表現はきちんとしたほうが良いと言えるでしょう。

    結婚に対する意識の差でもめやすい


    いくら交際期間が平均より長くても、結婚に対する意識に差があると何かと揉めやすいのが事実でしょう。長く付き合うということは、少なからず相手との将来を期待することを意味しています。しかし、片方に結婚願望がないと将来について揉めやすいと言えるのです。

    また、女性の場合、妊娠出産のことを考えると、早めに結婚しておきたい人も多いでしょう。しかし男性の場合、経済的な不安があるとなかなか結婚に踏み出せないことは珍しくありません。お互い現実的な問題によって結婚に対して温度差が生まれてしまうと、焦りやプレッシャーから関係がぎくしゃくしてしまうことが多いのです。
  • 平均より短い交際期間で結婚する場合の注意点

    最後に解説していくのが、平均よりも短い交際期間で結婚するケースの注意点です。

    短い交際期間で結婚すると、何かと問題視されることが多いですよね。もちろん上手く結婚生活を送る夫婦もいますが、早く結婚したためにトラブルが起きてしまい、そのまま離婚を考える、または実際に離婚をしてしまうケースは決して珍しくはありません。

    交際期間は平均より短いけれど今の恋人とは結婚したい、そんなカップルの場合は、注意点に気をつけないと結婚をしたことを後悔する可能性が高くなるでしょう。

    勢いで結婚すると後から問題が生まれやすい


    最も多いのが、勢いで結婚して後から問題が生まれるケースです。

    たとえば、勢いで結婚したけれど結婚資金が全然足りなくて、そもそも一緒に住むのも難しかった…なんてことにもなれば、せっかく結婚したのに気持ちは盛り下がってしまうでしょう。また、勢いで結婚したはいいものの、本音を言えば相手のことがそこまで好きではなく、結婚したことを後悔することもあるかもしれません。

    中途半端な状態や気持ちのまま結婚すれば、ほぼ確実に何らかの問題が生まれるものです。上手く立ち回ることができればいいかもしれませんが、結婚自体に後悔してしまうと、次第に結婚生活に対して大きなストレスを感じるようになるでしょう。

    相手を見極めないままの結婚はNG


    相手を見極めないうちに結婚したら、高確率で後悔することになるでしょう。

    たとえば、好きという気持ちだけで勢いで結婚したものの、実は価値観や好みが全く合わず相性が最悪だった…なんてことはよくある話でしょう。よく知らないまま結婚してみたものの、実は相手が浮気性で過去の恋愛で何度も浮気をしていた…なんてことを結婚後に知ってしまうケースもあります。

    結婚してから相手を知っていき、そのまま上手くいくケースももちろんあるでしょう。しかし大半は、相手を知らないとそれだけ問題が起こりやすいのが事実。相手を見極めてから結婚することが大切だと言えるのです。

    嫌なところが目についた時に悩みやすい


    交際期間が浅いうちは、どうしても恋人に対して良いところばかりを見せようとしますよね。つまり猫かぶり状態であることが多いと言えます。

    その状態で結婚してしまえば、お互いの猫かぶり状態が解けた時に「こういうところがちょっと嫌かも…」と感じてしまう可能性大。交際中ならば相手の欠点や理解できない点を理由に関係を見直すこともできますが、結婚すれば気軽に別れを考えることはできません。

    交際期間が長いといいところも悪いところも納得した上で結婚できるものの、交際期間が短いと良いところしか見えていないまま結婚することが多いため、結婚後に悩みを抱えることが多いのです。

    相手周辺の人間関係に困る場合も…


    相手周辺の人間関係に結婚後悩まされることもあるでしょう。交際期間が長ければ、ある程度親族や友人の性格や価値観、自分との相性を見極めることができますよね。見極めることができていれば、たとえトラブルが起きても上手く立ち回ることができるでしょう。しかし、交際期間が短いとそれが不十分になりがちに。

    結婚して親族や友人との付き合いが増えていくと、「ちょっと自分とは合わないかも…」と思って結婚を後悔してしまうこともあるのです。特に義理の家族との相性を見極めないうちに結婚して、結婚後トラブルにつながることは決して珍しいことではありません。

    平均より短いと白い目で見られてしまうことも多い


    平均よりも交際期間が短いまま結婚すれば、周りから白い目で見られてしまうことも多いのが事実です。それについて気にしないならば問題はありませんが、スピード婚に偏見を持つ人は決して少なくないため、しばらくの間は好奇の目で見られることになるでしょう。

    実際、交際期間が短い中での結婚は離婚率が高いと言われており、何かとトラブルが起きやすいのも事実です。そのため、そういった偏見を持つ人から「きっとあそこの夫婦は早く別れるよ」なんて噂されてしまうこともあるでしょうし、なにかトラブルが起きる度に、勝手な憶測で物を語られてしまうこともあるでしょう。

    また、お互いの両親から早めの結婚について理解が得られない可能性も十分にありえます。無理に結婚話を進めたとしても、後ろ向きな意見や視線を浴びせられて、ストレスを感じてしまう可能性も否定できません。