カップルの交際期間の平均|別れやすい交際期間や結婚するタイミング

  • 気になる結婚までの交際期間の平均って?

    続いて気になるのが、結婚までの交際期間の平均です。

    結婚を考えているカップルの場合、どのくらいの交際期間で結婚をしているのか、その平均が気になるものでしょう。

    結婚のタイミングを決める参考にもなるため、気になる人はぜひチェックしていきましょう。

    1年間の交際期間を経て結婚する人が最も多い


    1年間の交際期間を経て結婚するカップルが平均して最も多いと言われています。1年というのは何をするにもベストな区切りとなっているため、1年間落ち着いて交際ができたならば、このまま結婚をしても問題ないだろうと判断するのですね。

    特に社会人カップルで、いわゆる結婚適齢期の場合は、だいたい1年で結婚を考えたいという人がほとんど。将来は子供がほしいと考えている場合には、ダラダラと長く付き合うのはリスクが高まるのも事実でしょう。

    2から3年の交際期間で結婚


    よりじっくりお互いについて知っていきたいという場合や、まだ結婚できるような状況ではないという場合になると、だいたい平均して2年から3年くらいの交際期間で結婚を考える人がほとんどです。

    特に社会人になりたてだったり、まだ結婚について具体的に考えていない場合だと、1年の交際期間で結婚を考えるのはやや厳しいのが事実。本当に結婚していいのだろうか…と不安にも思うため、せめて2年は付き合ってから将来について考えたいと思う人が多いのですね。

    交際前から結婚を意識しているとスピード婚も多い


    お互いに早く結婚したいという気持ちが強い場合、結婚までの交際期間は平均して短い傾向になっていきます。特に子供がほしいと思っている場合、できるだけ早く結婚したいと思うのが本音でしょう。交際期間が長くなって年齢があがればあがるほど、妊娠や出産にリスクが伴っていきます。

    特に30代~40代の人は平均して結婚までの交際期間は短く、とにかく早く結婚したいと考える人がほとんど。周りが結婚して自分だけが取り残されていくという焦りや、妊娠出産へのリスク、これを逃したら結婚できないかもしれないという不安から、早めの結婚を決断するのです。

    5年以上の交際期間を経て結婚するカップルも


    5年以上の交際期間を経て結婚を決意するカップルも実は珍しくありません。結婚までの交際期間は平均よりもかなり長めになっていますが、これほど交際期間が長いカップルは「学生時代から付き合っているカップル」「社会人になりたてで交際したカップル」に多い傾向にあります。

    これらのカップルは、結婚願望があったとしても、現実的な問題ですぐには結婚できないと考えている人がほとんどです。実際、学生結婚はリスクがありますし、社会人になったとしても、経済的な不安があれば結婚を考えるのは難しくなるのが事実でしょう。

    そういった事情を抱えるカップルの場合は、平均して結婚までの交際期間は長くなると言えます。
  • 結婚までの交際期間が平均より長い時のメリット

    次に解説していくのが、結婚までの交際期間が平均よりも長い時に得られるメリットです。

    交際期間が平均よりも長いと、結婚をした時に得られるメリットはたくさんあります。

    どんなメリットがあるのか、早速注目していきましょう。

    相手を深く知る事ができる


    当然ですが、交際期間が平均よりも長いということは、相手を深く知る事ができると言えます。一緒にいる時間が長ければ良いところも悪いところも知る事ができますし、自分と相手との相性もじっくり考えることができるでしょう。

    結婚するということは、その後の人生を末永く共にすることを意味します。お互い深く知っている状態ならば、どんな困難でも乗り越えていけそうな気がするものです。結婚においてそういったポイントを重視したい人は多いため、安定した結婚生活を送りたい人からしてみれば大きなメリットだと言えるでしょう。

    結婚資金を貯められる


    結婚資金を貯められるというのも、大きなメリットだと言えるでしょう。お互いの結婚に対する意識がある程度一致していて、将来的に結婚を考えている関係ならば、長い交際期間に十分な結婚資金を貯めることができます。

    結婚は決して愛だけでできるものではありません。現実的に安定した結婚生活を望むならば、ある程度の資金は必要でしょう。育児にはお金がかかるため、子供が欲しいならばなおさら、結婚資金はあればあるほど安心できるのが事実です。

    交際期間が長いと価値観や好みが似てくる


    平均よりも交際期間が長いと、お互いの価値観や好みが似てくるってご存知でしたか?全てのカップルに当てはまるとは言えませんが、一緒にいる時間が多ければ多いほど、なんとなく似たような価値観や好みに染まっていくものです。

    結婚生活を送るにあたって、価値観や好みが違うとトラブルになりやすいのも事実。似ていることに越したことはないため、平均より交際期間が長いカップルはトラブルも少なく、安定して落ち着いた結婚生活が送りやすくなると言えます。

    お互いにとってかけがえのない存在になりやすい


    お互いにとってかけがえのない存在になりやすいというのも、平均より長い交際期間で得られる大きなメリットであり、魅力だと言えるでしょう。

    交際期間が短いとかけがえのない存在にはなれないとは言えませんが、長く付き合っていれば、お互い当たり前の存在になりやすいものです。一緒にいて当たり前、そばにいないと落ち着かない…そう思えるほどの信頼関係を築いていければ、結婚したあとも思いやりの気持ちを忘れず、お互いを尊重した関係を続けていくことができます。

    お互いの親族・友人との交流を深めやすい


    意外と盲点になっているメリットが、お互いの親族や友人と交流を深めやすいということでしょう。結婚するということは、相手の親族や友人とも関係を続けていくことを意味します。交際期間が短いとどうしても相手の親族や友人との関係は浅くなりがちで、結婚後にトラブルや悩みができてしまうことは珍しくありません。

    交際期間が平均よりも長いと、恋人との関係だけでなく、親族や友人との関係を深める機会も多くなるため、結婚後にトラブルに悩むことが少なくなるのですね。

    たとえ親族や友人との相性が悪かったとしても、結婚前にそれを知っていれば、今後の付き合いについて対策を練ることもできます。結婚後に相性の悪さを知ってしまうと、結婚したことを後悔することも多いため、良くも悪くも親族や友人のことを理解した上で結婚できると、さまざまなことを覚悟して対応していけると言えるのです。