カップルの交際期間の平均|別れやすい交際期間や結婚するタイミング

  • 要注意!別れやすい交際期間の長さ

    続いて注目していくのが、別れやすい交際期間の平均です。平均してどのくらいの長さだと別れやすいのか、恋人と長く付き合っていきたいという人はぜひ注目してみてください。

    また、現在恋人との関係が微妙だと感じる人は、自分たちの交際期間に目を向けてみるのもおすすめです。万が一別れやすい交際期間の長さに到達しているならば、付き合い方などを改めて考えてみないと、今後付き合っていくのが難しくなってしまうかもしれません。

    交際期間3か月のカップル


    破局を迎えるカップルの中でも多いのが、交際期間3ヶ月のカップルです。先程も少し触れましたが、だいたいほとんどの人は「とりあえず3ヶ月は付き合ってみよう」とお試し感覚で付き合うことが多いため、合わないと感じたら3ヶ月で別れを考えるのですね。

    お試し期間で最も多いのが3ヶ月なので、破局を迎えるカップルが多いというのも頷けます。

    交際期間半年のカップル


    お試し交際期間である3ヶ月の次に多いのが、「とりあえず半年付き合ってみよう」というカップルです。だいたいこのくらいになるとお互いの本気度に差が出てくることが多いため、相手との気持ちや考えに差を感じてしまうと、半年ほどで別れを考えてしまうと言えます。

    また、平均して半年ほどの交際期間になってくると、恋人に対してやや思いやりが欠けてしまうことも珍しくありません。相手に対して良い意味でも悪い意味でも慣れてくるので、そんな相手の態度に嫌気がさして、別れが脳内によぎってしまうのでしょう。

    ダラダラ続けている交際期間1年のカップルも危険


    交際期間1年のカップルも、実は別れの危険にさらされているってご存知でしたか?だいたい1年の交際期間を経ていると、関係が落ち着いていて、安心した付き合いができるような気がしますよね。

    しかし、ダラダラとした交際を続けているカップルの場合は要注意。別れようとしても別れられない雰囲気や、相性の悪さをなんとなく感じていながらも付き合いが続いている場合、交際期間1年をすぎると「ちょうどいいし関係を見直そう」という気持ちになりやすいのですね。

    交際期間が長いカップルも安心はできない…?


    交際期間が長くなると、信頼関係が確立して安心できるような気がするものです。たしかにそれだけ長い交際期間を経ていれば、安定した交際ができている気がしますし、そのまま結婚するのではないかという気持ちにもなっていきますよね。

    しかし、交際期間が長いカップルも安心してはいられません。本格的に結婚について考えを固めているカップルならば問題ありませんが、結婚についても具体的に考えておらず、交際期間だけが長いカップルの場合、ダラダラとした交際になっていることがほとんど。

    いつまでも将来が決まらない感じにもどかしさや苛立ちを感じ、「このまま結婚もせず長く付き合うくらいなら、別れたほうがいいかも」と思ったり、別の異性に興味が出て別れを考えたりすることが多いのです。
  • 交際期間を安定させたいなら!長続きする秘訣

    続いて解説していきたいのが、交際期間を安定させる秘訣です。

    交際期間が長く結婚までつながっているカップルの場合、いくつかのポイントを大切にして交際していることがほとんど。どの相手と付き合ってもなかなか交際期間が長くならないという人は、長続きする秘訣を大切にして恋人と付き合っていけば、自己最長記録を更新できるでしょう。

    早いうちに同棲する


    もし相手と結婚を考えたいならば、早いうちに同棲してしまうのも手段のひとつです。同棲すればちょっとやそっとのことでは別れないので、喧嘩の勢いで別れる…なんてこともなくなります。

    また、同棲生活をしていれば、相手のことをより深く知ることができるのも事実です。もちろんいいところだけでなく、嫌なところが目についてしまうこともあるでしょう。しかし、結婚を考えたいならば、それを含まえた上で結婚を考える必要があるため、早めに知っておいて損はありません。

    恋人に都合を合わせすぎない


    恋人に都合を合わせすぎないということも、交際期間を長くしていく秘訣だと言えます。相手に合わせてばかりだと、次第に無理やストレスを感じるようになり、恋人と付き合っていくことが億劫になってしまうでしょう。そうなると別れを考えることが増えるため、交際を長く続けることは難しくなってしまいます。

    また、恋人の都合に合わせてばかりいれば、相手に舐められてしまうこともあるでしょう。都合よく扱われてしまうことが増えれば、一緒に付き合っていて嫌な気持ちになることも増えてしまいます。

    対等な関係でいることが長く続く秘訣でもあるので、恋人の都合に合わせすぎないように気をつけましょう。

    素の自分を出し、素の相手を受け入れる


    素の自分を出し、素の相手を受け入れることを大切にしていきましょう。長く付き合っていくためには、ありのままのお互いを受け入れる必要があります。もちろん全てを理解し受け入れることは難しいかもしれませんが、ある程度受け入れられないと長く付き合っていくのは難しくなってしまいます。

    最初のうちは素の自分を出すことに抵抗があるかもしれませんが、少しずつ自分の素を見せていけば、お互いの心の距離も縮まっていくはずです。

    交際期間が長いカップルの多くは、だいたい平均半年~1年の中で素の自分を見せるようになっていくようです。その間にお互いの素を見せあっていき、相性の悪さを感じるならば早めに別れたほうが良いと言えるでしょう。

    共通点や趣味があると長続きしやすい


    共通点や趣味があるカップルは、平均して交際期間が長い傾向にあります。どんなに好きな相手だったとしても、共通の趣味が一つもなかったら、一緒にいて退屈してしまうのが本音でしょう。そのため、長続きさせたいと思うならば、共通点を探したり作ったり、同じ趣味を見つけたりして、退屈しない関係を作ることが大切です。

    共通の趣味があるカップルは、平均して交際期間が長いだけでなく、安定した交際ができていることがほとんど。恋人としての気持ちで一緒にいるだけでなく、趣味仲間のような感覚でもいられるため、よりかけがえのない存在になりやすいというメリットがあります。

    思いやりを忘れない


    思いやりを忘れないということは、非常に大切なポイントだと言えるでしょう。どんなに好きな相手だったとしても、思いやりが欠けた扱いをされてしまえば気持ちが少しずつ冷めていきます。また、自分自身も恋人に対して思いやりを欠けた扱いをしてしまえば、当然ながら愛想を尽かされてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。

    交際期間が長いカップルは、お互い思いやりの気持ちを忘れません。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、どんなに居心地の良い相手だったとしても、思いやりや礼儀を欠かしてしまえば、その関係はあっという間に崩れてしまうものです。

    長く付き合っていきたいと思うならば、思いやりを忘れないようにして、恋人の存在を大切に思っていきましょう。