カップルの交際期間の平均|別れやすい交際期間や結婚するタイミング

カップルの交際期間の平均ってどのくらいだと思いますか?今回は、カップルの交際期間に平均大注目!結婚までの平均交際期間や、別れやすい交際期間も徹底解説。また、交際期間が長いことで得られるメリットとデメリット、スピード婚の注意点も紹介していきます。

  • 交際期間の平均は?結婚や別れるタイミングを調査

    交際期間の平均ってどのくらいなのだろう?と疑問に思ったことがある人もいるでしょう。特に現在、相手との結婚または別れを考えている人は、どのくらいの交際期間で次の段階に進むべきか、非常に悩んでしまうもの。

    そこで今回は、一般的な交際期間の平均をいくつか紹介していきます。結婚までの交際期間から別れるタイミングまで、交際期間にまつわるカップルの悩みや問題へのヒントを徹底解説!また、交際期間が長い、または短いことで得られるメリット、デメリットについても深く追究していきます。

    交際期間を踏まえた上で恋人と進展をしていきたい、人生設計を考えていきたい。そんな人はぜひ注目していきましょう!
  • カップルの交際期間の平均

    まず注目していきたいのが、カップルの交際期間の平均です。交際期間はその人の年齢や職種、状況などによってさまざまだと思いますが、今回は一般的な交際期間の平均を中心に紹介していきます。

    だいたいどのくらいの交際期間が平均となっているのか、早速見ていきましょう。

    一番多いのが1から3年の交際


    正式な統計のようなものはなさそうですが、「交際期間1年~3年」が最も多いようです。そのくらいの交際期間を経て結婚するカップルもいれば、お互い別々の道を歩んだほうがいいと区切りをつけて別れを選ぶカップルも少なくありません。

    平均的に、交際して1年~3年くらい経つと、多くのカップルがお互いの今後について考え始めるようです。

    3年以上の交際も多い


    交際期間が長いカップルの場合、平均を超えて3年以上の交際を続けている人も珍しくありません。たとえば10代など学生のうちから長く付き合っているカップルは、交際期間が3年以上になることも多いでしょう。若い間は、たとえ結婚できる年齢だったとしても、学校生活や金銭的な問題を考えると、どうしても交際期間は長くなってしまいますよね。

    また、社会人の場合も、お互い仕事が軌道にのっていて忙しいと、交際期間が長くなるでしょう。なかなか結婚のタイミングがつかめず、平均以上の期間交際を続けているカップルは意外に多くいると考えられます。

    お試し交際の期間は平均3ヶ月と考える人が多い


    お試し交際はだいたい平均して3ヶ月くらい…と考える人が多いようです。たとえ真剣に付き合うつもりだったとしても、実際にその人と付き合ってみないと相手との相性がわからないのも事実。そのため、口には出さなくても「とりあえず相手との相性を確かめるために、3ヶ月は付き合おう」と考える人が多いのですね。

    だいたい3ヶ月くらいの交際期間を経ていれば、相手のことがある程度わかるようになっていきます。自分と恋人との相性もわかりますし、このまま付き合っていけるのか、それとも別れたほうがいいのか、見極めることもできるでしょう。

    お互いの今後を考えるタイミングはいくつかありますが、最初にそれを考えるポイントは、ほとんどの人は平均して交際3ヶ月の時点となっているようです。

    長続きしない人は平均1年未満が多数


    誰と付き合っても長続きしない人っていますよね。そういった人は、平均1年未満の交際で別れを迎えているようです。なぜ長続きしないのかについては、相性が悪い場合もあれば、付き合い方が悪い場合もあったりと、理由はさまざま。

    ただ、自分自身に何かしらの問題がある人は、平均して1年未満で恋人と別れてしまう人がほとんどのようです。