黒薔薇の花言葉には怖い意味も?特徴と魅力から注意点まで徹底解説!

  • 黒薔薇も共通!薔薇の本数による花言葉の違い

    薔薇の本数によって意味が変わるというのは有名なことですので、ご存知の方も多いかもしれません。ここでは、贈る相手やシチュエーションに合わせて、薔薇の本数の意味を紹介していきます。

    薔薇をプレゼントとして贈るなら、本数にも気をつかってみるといいでしょう。男性から薔薇の花束をもらうと嬉しい女性は多いですし、日頃の感謝を込めて女性が女友達に贈るもの喜ばれそうですね。

    告白に最適な本数


    まずは、薔薇の花束を贈るシチュエーションの定番、告白のシーンからです。1本の薔薇には、 「一目ぼれ」や「あなたしかいない」という意味があります。3本の薔薇の花束には、 「愛しています」や「告白」といった告白に最適な意味があります。

    6本の薔薇の花束には「あなたに夢中」や「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」という意味、7本の薔薇の花束には 「ひそかな愛」という秘めた想いを表わす意味が。12本の薔薇の花束には、「私と付き合ってください」という、告白に最適な意味があります。

    告白の際には、自分の想いともっとも近い意味を持つ本数の薔薇の花束を贈るのがおすすめです。

    カップルの贈り物にふさわしい本数


    付き合い始めや、彼女に夢中なことを伝えたいときにおすすめなのが、2・24・100・365本の薔薇の花束。

    24本や365本は、それぞれその本数から「1日中あなたを思っています」「毎日あなたを思っています」という意味を持っています。遠距離恋愛をしている彼女の家に突然届けるのも素敵ですね。

    また、2本には「この世界は2人だけ」、100本には「100%の愛」という意味があり、夢中な想いを伝えることができます。

    プロポーズの前哨戦や特別な記念日におすすめなのが、4・9・50・99・999本の薔薇の花束。それぞれ細かい意味は変わりますが、どれも永遠の愛を意味する花束になります。

    少しいつもと違うデートをしたあとや、夜景を見ている際などに渡すとロマンチックです。何もないような日に突然贈れば、最高のサプライズになること間違いなしですよ。

    プロポーズの時は?


    薔薇の花束を渡すのは、なかなか緊張する行為。一世一代の覚悟を決めた大イベントのときにこそ、薔薇の花束はふさわしいでしょう。

    一世一代の大イベントといえば、プロポーズですよね。プロポーズのようにロマンチックなシチュエーションでは、薔薇の花束はそのムードを演出する手助けにもなります。108本の薔薇の花束には「結婚して下さい」というストレートに思いを伝えるものがあり、プロポーズに最適です。

    友情、感謝など


    8本 は「あなたの思いやり、励ましに感謝します」という謝意を伝えるものになっています。13本は「永遠の友情」という意味で、好きな異性に渡されるとショックを受けてしまうようなものですが、友人同士であれば最適です。
  • 黒薔薇以外の薔薇の花言葉

    さて、ここからは黒薔薇以外の薔薇の花言葉を見ていきましょう。黒薔薇が入手しづらい場合や、黒薔薇とほかの色の薔薇とでブーケにしたい場合などに、ほかの色の薔薇を花言葉から選ぶのも素敵ですよ。

    赤色の薔薇の花言葉


    赤い薔薇の花言葉は、「愛しています」「熱烈な恋」「貞節」というもの。赤い薔薇は、多くの男性の神と浮き名を流したと言われるヴィーナスを象徴する花なので、相手のことを愛している、恋しているという花言葉が付けられています。

    白い薔薇の花言葉


    白い薔薇の花言葉は、「無邪気」「清純」「相思相愛」「尊敬」というもの。白い薔薇は、何色にも染まらない無垢な色合いから、「無邪気」や「清純」という花言葉がついています。

    また、「相思相愛」や「尊敬」という花言葉もあるため、結婚式で花嫁の持つブーケやコサージュなどの飾りにも使われることが多いです。

    黄色い薔薇の花言葉


    黄色の薔薇の花言葉は、「献身」「さわやか」「恋しています」「嫉妬」というものです。黄色の優しい色合いから、「献身」や「さわやか」という花言葉がついています。

    1つ注意したいのは、「嫉妬」という花言葉があることです。黄色が好きな方にプレゼントするのはいいのですが、誤解されないように注意してください。

    ピンクの薔薇の花言葉


    ピンクの薔薇の花言葉は、「上品」「しとやか」「温かい心」というもの。赤のような豪華な雰囲気よりも、可憐で明るく上品な印象の薔薇がほとんどですから、「上品」や「しとやか」という花言葉がついています。

    特にパステル系のピンクの薔薇は、「しとやか」という花言葉から結婚式にも人気の花です。新郎新婦が互いに温かい心をもって、という想いもこもっているかもしれません。