黒薔薇の花言葉には怖い意味も?特徴と魅力から注意点まで徹底解説!

魅力的でありながら、花言葉が怖いと敬遠されがちな「黒薔薇」。贈り物にしたいんだけどやめるべき…?と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。この記事では、黒薔薇の魅力や、黒薔薇にまつわる知識、贈り物にする際のポイントなどを解説します。黒薔薇に興味がある、贈ってみたい、という方必見ですよ!

  • 黒薔薇の花言葉が怖い!贈るのはNG?

    黒に近いような深い紅の黒薔薇。あまり日常的に見かけることはありませんが、どことなく目を引かれて、吸い込まれるような魅力がありますよね。

    そんな黒薔薇は、黒い花ということもあって、恐ろしく不吉な花言葉を持つ花です。ですがその一方で、深い愛情を意味する花言葉を持ち合わせる花でもあります。

    花を贈ったり贈られたりしたときには、花言葉が気になってしまいますよね。両極端な花言葉を持つ黒薔薇は、贈り物にするには注意が必要です。

    そこで今回は、黒薔薇の特徴や花言葉、送る際の注意点などを徹底解説していきます。黒薔薇が贈り物として気になっている方も、黒薔薇の魅力に心惹かれている方も、必見ですよ!
  • 黒薔薇の特徴について知ろう

    黒薔薇ってどんな花?真っ黒な花なの…?と思っている人もいるのではないでしょうか。実は黒薔薇には複数の種類があるのです。

    まずは、黒薔薇の特徴について見ていきましょう。ここでは、人工的に着色したものではなく、黒みの強い暗い紅や、濃い紫色を帯びた黒薔薇の特徴をお伝えします。特徴を知っていれば、贈る際にも一言気の利いたことをつけ足せるかもしれませんよ。

    黒みの強い濃い紅の薔薇を指す


    「黒薔薇」とは言いますが、真っ黒な薔薇ではありません。色が濃く、黒みを持つ紅の花弁を持つ薔薇を指します。

    黒薔薇の色は、吸い込まれるような濃い紅でありながらクールな印象もあり、大人の女性に好まれる傾向があります。黒みのある紅のため、他の色との相性がいいのも魅力の1つです。

    代表的な品種


    黒薔薇には、フランスと日本で改良された5種類の代表的な品種があります。日本でも改良されていたなんて、驚きですよね!

    フランスで品種改良された黒薔薇は、ルイ14世・パパメイアン・ブラックバカラの3種です。中でも、ブラックバカラは最も黒みが濃い品種。また、パパメイアンはダマスクモダンの香りの代表種で、華やかないい香りが特徴です。

    気になるのはルイ14世ですよね。この薔薇はなんと、太陽王と呼ばれ、ヴェルサイユ宮殿を建てた王の名を冠しています。シックな見た目が特徴。

    そして、日本で開発された黒薔薇は、黒真珠と真夜(まよ)の2種です。そのうち黒真珠はパパメイアンよりも黒いと言われる品種で、花つきがよく香りは控えめ。また、真夜は最も新しい品種で花もちがいいため、薔薇の美しさを長く楽しむことができます。

    産地


    実は品種改良によって生み出された黒薔薇。代表的な産地は前述したように、フランスと日本の2国です。

    一時、トルコのハルフェティという場所で、天然の黒薔薇が発見されたという報道が出たこともありました。しかし、それは実際にはフランスで品種改良によって生み出されたルイ14世が植えられていたのだと言われています。

    咲いていた場所の土の成分の作用により薔薇の黒みが強くなったことや、記事に写真を載せるにあたり黒みを強くしてしまったことから、天然の漆黒の黒薔薇と間違えられたという説もあります。

    手間はかかるが家で育てることもできる


    黒薔薇は手入れに手間はかかりますが、家で育てることもできるのです。黒薔薇の苗を買うことで、家で育てることが可能になります。

    苗は通販や種苗園から購入することが可能です。種苗園から購入する場合には、育て方が記載されていたり、掲示板が用意されていたりして、疑問ができたときにすぐ質問できるので便利ですね。苗の場合、鉢植えできるタイプと、4月〜5月の時期に庭に直接植えられるタイプがあります。

    薔薇は病気になりやすいので、肥料や剪定、虫の駆除などに気をつけましょう。初めて薔薇を育てるなら、初心者でも育てやすい品種を選ぶのもポイント。

    日本産の黒真珠は耐寒性があり、病気にも比較的強いですよ。また、フランス産のルイ14世は丈夫で、小ぶりなので鉢植えができ、通年で小さな花を咲かせるので1年中楽しめます。

    品種によっては、世話や手入れが難しい場合がありますから、購入前に業者に相談してみることをおすすめします。