恋愛テクニックは心理学から学ぶ!距離を縮めて告白を成功させる方法

  • 恋愛テクニックにはデメリットもある!?

    恋愛テクニックを使って、好きな相手との距離を縮めることができたら、とっても素敵ですよね。ここまで見てきたテクニックを使ってみよう!と思った人もいるでしょう。

    とはいえ、どんなことでもメリットしかないものはありません。恋愛テクニックもそうです。デメリットが存在します。ここからはデメリットをご紹介しますので、恋愛テクニックを使ってみたい方は、デメリットもしっかり理解したうえで実践してくださいね。

    心理学を学んでいる相手だとテクニックがバレる


    恋愛テクニックを使っている中で最も怖いのが、恋愛テクニックを調べて使っていることが相手にバレてしまうこと。

    インターネットですぐに調べられるので、男性が恋愛コラムを読んでいることも少なくありません。恋愛コラムを読んでいる相手だと、ここまでご紹介した恋愛テクニックを知っている可能性も。

    また、心理学を学んでいる人にも、今回ご紹介した恋愛テクニックはバレてしまうかも。その場合に問題なのが、調べた恋愛テクニックをそのまま真似て、自分ではなんの工夫もせずに行動してしまうこと。

    テクニックに頼りきりで自分らしい行動を見失ってしまうと、拠り所がなくなったときに何も行動できなくなります。

    恋愛で最も避けるべきことは「行動しないこと」なので、恋愛テクニックを使うのは悪いことではありませんが、恋愛テクニックだけで中身のない状態にならないように気をつけましょう。

    テクニックを間違って使ってしまうと危険!


    恋愛テクニックを間違って使ってしまうのも危険です。今回お伝えした心理学的なアプローチに限らず、どんなテクニックにも言えることですが、テクニックを使う際には「程よく」「相手に合わせる」「正しく理解する」ことが重要です。

    何事もやりすぎは禁物。相手との現在の距離感をしっかり理解して、適切に使う必要があります。また、テクニック自体も正しく理解しておく必要があります。

    せっかく恋愛テクニックを使うのです。適切に使って恋愛をうまくいかしたいですよね。

    意識しすぎて不自然になることも


    テクニックに頼りきりになったり、自分らしさを失うほど無理して相手に合わせたりするのも、恋愛がうまくいかない理由のひとつです。彼にどう思われているのかを気にしすぎてはいませんか?相手に合わせすぎたり、テクニックを意識しすぎたりすると不自然さが出てきます。

    そしてこの不自然さは、相手にも気づかれてしまうもの。その結果、ギクシャクしてしまったり、恋愛がうまくいかなかったりしてしまうのです。

    あなたと彼は、それぞれが生身の人間であることを忘れないでください。必ずしも、テクニックが正しいとは限りません。

    無理をしているな、自分らしくないなと思ったら、自然体で相手ににぶつかってみましょう。いろいろとお伝えしてきましたが、自然体のあなたがいちばん素敵です。

    うまくいくと逆に不安になる


    恋愛テクニックを使って相手に好意を持ってもらうことに成功しても、ふと不安になってしまうことがあります。

    本当に自分を好きになってくれているんだろうか?という不安です。これは、恋愛テクニックだけに依存して、自分らしさがなくなっていることを自覚しているときに起こりがち。

    これを防ぐためにも、自分らしさを失わないことは重要です。テクニックはあくまで利用するもの。テクニック一辺倒になってしまわないように気をつけましょう。