恋愛テクニックは心理学から学ぶ!距離を縮めて告白を成功させる方法

  • 心理学を活用!意識してもらう恋愛テクニック

    好きな人ができたら、まずは好きな人に恋愛対象として意識してもらいたいですよね。けれど好きな人との距離を縮めて、恋愛対象として意識してもらいたいけど、どうすればいいのかわからない!という方もいるでしょう。

    ここでは、心理学に基づく恋愛テクニックを使って、好きな人に意識してもらう方法について解説していきます!

    恋愛対象として意識されたい方は、ここから少しずつ始めましょう。

    好きアピールが有効!「好意の返報性」


    心理学に「好意の返報性」と呼ばれるものがあります。 これは、人は誰かから好意を示されると、自分も好意を返したくなるというものです。 何かをもらって、お返ししなければという気持ちになったことはありませんか?それと同じです。

    そのため「好きアピール」をするのは、恋愛においておすすめのテクニックと言えるでしょう。はっきりとした告白ではなく、「今の髪型好きだよ」「今日の服装好み!」と言ったように、間接的に「好き」を伝えるだけでも充分ですよ。

    小さくとも「好きアピール」をすれば、相手も自分に好意を持ってくれることが期待できるのです。試してみる価値アリではないでしょうか。

    初めの3回が大切!「スリーセット効果」


    特定の人に対する印象は、3回会った時に決まると言われています。逆に言うと、3回目までであれば、相手に対し自分を自由に印象づけることができるということでもあるのです。

    初めて会う時は「第一印象」につながるため、なるべく好印象を残しましょう。そのためには、身だしなみ、話し方、会話の内容に気を付けてみてくださいね。

    2度目は、1度目の印象の再確認になります。1度目で失敗したと思ったところに特に気をつけましょう。そして3度目で印象が固定されます。1度目、2度目の印象を崩さないようにしつつ、好きな相手の好みに少し寄せるのもいいかもしれません。

    積極的な関わりが吉!「単純接触の原理」


    「ザイアンスの法則(単純接触効果)」と呼ばれるものを利用して、相手の心にアプローチするのもおすすめです。接触回数が多いほど、その相手に対する好感度が上がっていくという心理を活かしたテクニックです。

    相手の中でこちらに対する好感度が上がるだけでなく、自分の中でも相手に対する好感度が上がっていきます。相手に好きになってもらえて、自分も相手の事をより好きになるのって、魅力的ですよね。

    このテクニックのポイントは、不自然にならない程度に接触を増やすことです。毎日会える環境であれば、毎日挨拶をする、毎日会えなくても、LINEや電話の回数を増やすなどしましょう。好きな相手との距離がどのくらいであるかにかかわらず実践できるので、お試しあれ。

    名前を呼ぶだけ!「カクテルパーティ効果」


    人間が耳にして最も気持ちよい音、聞き取りやすい言葉は自分の名前だと言われています。ざわざわとした騒音の中でも、自分の名前を呼ぶ声は聞き分けることができるのです。

    名前というのは、心を開くためのカギのようなものでもあります。親しくなりたい、振り向いてもらいたい相手には、積極的に下の名前で呼びかけていきましょう。好意を持たれやすくなりますよ!

    小さなお願いで心理を変える!「認知的不協和理論」


    少し難しい言葉ですが、「認知的不協和理論」というものがあります。人間は、つじつまの合わない矛盾を嫌います。そのため、矛盾のある状態(不協和)を解消するために、自分の考え方(認知)を無意識のうちに変えてしまうのです。このような心理現象を説明した理論が、認知的不協和理論です。

    言葉は難しいですが、認知的不協和理論を活かしたテクニックは簡単です。お願いする、ただそれだけのシンプルなテクニックです。もちろん、無茶なお願いはダメですよ。高い所のものを取ってもらったり、重いものを持ってもらったりといった、簡単なお願いにしましょう。

    相手はそういった小さなお願いを叶えているうちに、「好きだから手伝った」というような認知に変わっていくのです。つまり、お願いをしてくる相手のことを段々好きになっていくわけです。

    ですから、手伝ってもらうのは好きな人と近づくためにとても効果的です。お願いを叶えてもらったら、感謝の言葉を忘れずに!

    共通点を見出そう!「類似性の法則」


    人間は、相手との共通点が多いほど親しみを感じやすくなり、好意を持ちやすくなります。これが「類似性の法則」です。

    共通の趣味や経験、好きなアーティストなど、どんな共通点でも構いません。共通点があれば話も広がりますし、一緒に出掛けるきっかけにもなりますよね。もし共通点がなくても、彼の好きなものに興味を持ち、教えてもらうのも効果的ですよ。

    中でも、相手の価値観を知るのは大切です。価値観は人の心の根幹にかかわるものですから、そこに共感し理解できるかということは、相手を理解するための第一歩となります。

    今後のためにも、好きな人の価値観は知っておいた方が良いでしょう。