図太くなる方法をご紹介!デメリットも把握して小心者を卒業しよう!

人に合わせてばかりで疲れる、なかなか自分らしく生きれずにストレスが溜まる。こんな毎日になっていませんか?小心者でいるよりも図太くなった方が楽しく生きられるかもしれません。図太くなると得られるメリットもあります。小心者を卒業して図太くなる方法をご紹介しましょう!

  • 小心者はもう嫌!図太くなるにはどうすれば?

    「もっと図太ければ良いのにな…」と感じることはないですか?小心者でいるよりも明るく生きることができそうで、憧れを持つ人もいますよね。

    図太くなるには、どうすれば良いのでしょうか。

    そもそも図太いの意味って?


    まず、「図太い」とはどんな様子を意味するのかから把握しましょう。

    図太いとは、ちょっとやそっとでは打ちひしがれない様子のことを意味します。少しのことでは動じず、常に平然で堂々としている様子ですね。神経が太いと表現されることもあります。

    ですから図太い人とは、周りの反応や小さいことを気にせず、自分の生きたいように生きることのできる人。

    些細なことでも気にしたり、周りを気にして意見を変えるいう小心者の人は、こうした図太い人に憧れることも多いです。ありのままに生きる姿に、自分も素直に生きたいと感じるのでしょうね。

    図太いと同じ意味の言葉


    図太いと同じような意味を持つ言葉がいくつかあります。

    図々しい、太太しい、不遠慮、厚かましい、大柄、無礼、恥知らず。こうしてみると、どれも迷惑がられてしまうような言葉が多いですね。

    ですが、周囲の目や評価を気にしない人だとしたらどうでしょうか。自分らしく生きることができ、一度きりの人生を思い通りに楽しむことができるはずですよね。

    図太い人は、傍から見たら厄介な人かもしれません。しかし、自分主体で考えた時メリットが多いもの。この後、図太くなる事で得られるメリット・デメリット、図太くなる方法を詳しく見ていきます。