「鼻につく」の意味や類語とは?鼻につく人の特徴&対処法もご紹介!

特定の誰かの鼻につく言動に、イラっとしたことはありませんか?こちらの記事では、意外と多い鼻につく人について徹底解剖。「鼻につく」の意味や類語、鼻につく人の特徴から対処法にいたるまで、詳しく解説していきたいと思います。

  • あなたの周りにも?鼻につく人って意外と多い!

    あなたの周りに鼻につく人はいませんか?身近にいる誰かの顔が思い浮かんだ人もいるのではないでしょうか?どうにも好きになれない鼻につく人って、意外とどこにでもいるものです。

    「なんか言動が気になる」「好きになれない」と、鼻につく人に対して世間はネガティブなイメージを持っています。しかし何故鼻につく人はそんな風に思われてしまうのでしょうか?

    今回こちらの記事では、鼻につく人について大特集!鼻につく人の特徴や、出会ってしまった場合の対処法について詳しく解説していきたいと思います。

    この記事を読めば、鼻につく人が他人の鼻についてしまうゆえん理解できますよ。是非ご覧ください。

    「鼻につく」の意味


    「鼻につく」って、一体どのような意味があるのでしょうか?鼻につく人の特徴を紹介する前に、まずはその意味を知りましょう。

    「鼻につく」はうっとうしくて嫌な感じがする、どうも気に入らないということを意味します。また、においが鼻に残って離れない様子を表わす場合も。

    他人に対して使われる「鼻につく」は、断然前者の意味合いで使われています。私達が鼻につく人と接したときに感じる気持ちを、まさに表していますね。

    「鼻につく」の類語


    「鼻につく」にはさまざまな類義語があります。たとえば嫌味ったらしいや、うっとうしいという言葉も鼻につくの類義語です。イマドキ言葉でいえば、ウザいなんて言い方も。他にも気障ったらしいや自惚れ屋、ナルシストな人に対して使われる場合もあります。

    言い換えられる言葉が複数あるため、「鼻につく」という言葉を聞いてもしっくりこない人もいるかもしれませんね。
  • 「鼻につく」の使い方&例文を紹介!

    より深く「鼻につく」の意味を理解する上で、その使い方や例文についても紹介していきましょう。

    「鼻につく」という言葉が使用される代表的なシチュエーションは以下の通りです。あなたもこんな場面に遭遇したことがあるかも?

    「あの店員の態度が鼻につく」


    ショッピングや買い物でお店に入った際に、「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」を言わない店員にムッとしたことはありませんか?接客そっちのけでおしゃべりに講じていたり、面倒くさそうに接客している店員の態度に、イラっとしたことがある人も多いはず。

    接客をなりわいとしている店員のありえない言動は、どうにも気に入らないという鼻につくの意味をしっかり押さえています。そのため、「あの店員の態度は鼻につく」と思ってしまう人は少なくありません。

    「鼻につく対応をされた」


    上から目線で見下すような発言をされたりときに、「鼻につく対応をされた!」と気分を害する人は多いです。

    上から目線で話してしまう人には他人より優位に立ちたい、自分が正しいと思っている特徴があります。要は自分本位なのです。相手のことを気遣うことができない人間に対して、好意的な印象なんて持てないですよね。「この人、鼻につくだなぁ」と思われてしまっても、致し方ないことなのかもしれません。

    「後輩の謙虚さがなくなり、鼻につくようになった」


    元々は好意的に見られていたのに、印象が悪くなって鼻についてしまう場合もあります。たとえば仕事に慣れてきた途端、学ぶ姿勢が希薄になった後輩社員なんてどうでしょう?「謙虚さがなくなり、鼻につくようになった」なんて思ってしまっても、おかしくないですよね。

    物事への対応が緩慢になったりすることは、謙虚さがなくなる人に見られる兆候です。謙虚さがなくなると、嫌な感じがする人=鼻につく人に見られてしまうかもしれません。何事も、初心忘るべからずでいきたいですね。

    「あの子の話し方って、鼻につくよね?」


    どうにも他人の話し方が気になって、鼻につく場合があります。たとえば同性と異性とで話し方が露骨な変わる人に対して、「あの子の話し方って、鼻につくよね?」なんて会話が繰り広げられていたり。

    他にも一人称に自分の名前を用いたり、やたらと外国語や難しい言葉を多用するなどしても、鼻につく話し方をしていると思われてしまうようです。