トナラーは危険?怖い?無害?隣に来る人の心理&対策について解説

どれだけ空きスペースがあっても、必ず人の隣をわが物顔で陣取るトナラー。トナラーに対して、警戒心や怯えを抱く人が多いのは、彼らを理解できないという心理があってのことでしょう。トナラーとは、危険な存在なのでしょうか?それを知るために、この記事ではトナラーの心理に迫っていきます!

  • トナラーの気持ちが知りたい!

    「なんでわざわざここに停める(座る)?」と言いたくなるほど、理解に苦しむトナラー。トナラーという言葉自は、最近になってテレビなどでも取り上げられるようになってきたので、「これ知ってる、経験ある」と思い当たる人もいるかもしれませんね。

    取り上げられたのは最近でも、トナラー行為をする人はずっと前からいて、それに反応する人が増えてきたという見方もあるようですが…。

    とにかく、時には迷惑行為にもなりかねないトナラーは、何故、人の隣を陣取ってしまうのでしょうか。

    今回は、トナラーの人について解説していきます。トナラーが有害か無害かは、トナラーの人の心理にもよります。その心理に迫っていきましょう。また、トナラー対策についても触れていくので、万が一の時のために知識としてもっておきましょう。

    トナラーの意味とは?


    始めに、トナラーの意味からみていきましょう。トナラーの元々の意味とは、駐車場で空いているスペースがたくさんあるのに、敢えて他の車の隣に駐車をすることです。隣合わせで停める行為をトナリングと呼び、ぞの行為をする人のことをトナラーと呼んでいます。

    トナラーに対する印象は、どちらかと言えば悪い意味合いが多いかもしれません。悪気があるのかないのか、そういった心理はトナリング行為だけでは見えないのです。

    あらゆる場所に出没する


    トナラーは駐車場にかぎらず、あらゆる場面で出没します。映画館や電車、ジム、飲食店など、「みんなで使う場所」に現れるのです。トナリングする方とされる方では、意識や認識が違うこともあって、「なんでわざわざ?」と思ってしまうことも多くなるのでしょう。

    個人的な空間を大切にする現代人には、トナラーは精神的に不愉快な存在かもしれませんね。また、トナラー本人がトナリングを気にしていないということもあって、お互いに理解し合うことが難しくなってしまうようです。