好きな人と気まずい関係になってしまった…原因と仲直り方法を解説!

  • 気まずい関係を気にしない方法

    気まずい関係になっている相手と正面から向き合うことだけが解決策とは限りません。場合によっては、「気にしない」ことが解決策になることもあります。また、気にしすぎているからこそ気まずい関係が悪化していることも考えられますよね。

    最後に、気まずい関係を気にしない方法をご紹介!仲直りするにしても、このまま一度距離を置くにしても、気まずい関係を気にせずに過ごした方がメリットも多いですよ。

    趣味など他の事にも意識を向ける


    好きな人のことばかり考えていると、余計な想像をしてしまい、かえって話しかけづらさが増してしまうこともあります。趣味など、他の事に意識を向ける時間を作ってみると良いですね。

    没頭できることがあると頭を切り替えることができるため、一時的であってもモヤモヤが解消されます。そうした息抜きの時間を設け、落ち込み過ぎることを防ぎましょう。

    そのうち解消するだろうと前向きになる


    そのうち解消するだろうと、前向きになる事も大切です。気まずい関係は、時間が経ったり実際に行動に移さなければ改善されません。いくら一人で黙々と考えたからといって、気まずい関係が良くなるということはないですよね。そう考えれば、「いつか仲直りできるだろう」と前向きに考えた方が楽になれるはずです。

    第三者の意見を聞く


    仲の良い友達などに今の気まずい関係を相談し、意見を聞いてみても良いですね。客観的な意見を聞くと、「大したことないのか」と割り切れることも多いはずです。

    気まずい関係になった原因も第三者から見れば、なったく気まずくなる必要のないことかもしれません。つまり、あなたの捉え方と周りの捉え方が違うということです。

    この違いは、あなたが気まずく思っている相手に対して「好き」という感情を抱いているために生じるものです。友達にはそうした特別な感情がないため、見る角度が違うのでしょう。「そこ、気にすることないと思うよ」という意見を聞くことができたら、好きな人もそう思っていると捉えてみてください。案外、あなたが気にしすぎているだけなのかもしれませんよ。

    気まずいなら今すぐに解決しようとしない


    気まずい関係を、今どうにかしようとするから辛いのです。「一ヶ月後に連絡してみよう」「相手から連絡が来たらその時に」というように、先延ばしにしてみるのもアリでしょう。気まずい関係のまま無理にコンタクトを取る必要はありません。一度割り切ってしまい、後から考えるというのも良いでしょう。

    仮に一ヶ月後に連絡しようと決めた場合、その間に気まずさが薄れることもあります。友達と遊んだり仕事に没頭しているうちに、なぜ気まずさを感じていたか分からないほどになることも。今すぐに解決しようとせず、先延ばしにして気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。