早く酔い覚ましをする方法|酔い覚ましをしてお酒とうまく付き合おう

  • 飲む前にもできる!酔っ払いすぎないようにする方法

    お酒を飲む前にできる酔っ払いすぎないための方法があれば、試しておきたいと思いませんか。実は、お酒を飲む前にしておくことで悪酔いや二日酔いをしにくくなる方法があるのです。

    そこで、お酒を飲む前にもできる!酔っ払いすぎないようにする方法をお伝えしていきます。

    ウコンを飲む


    ウコンに含まれているクルクミンという成分は、肝臓強化や二日酔い予防をするのに効果的です。

    ただし、ウコンといっても紫ウコン、春ウコン、秋ウコンの三種類があります。肝臓強化や二日酔い予防には秋ウコンが効果的なので、秋ウコンを飲むようにしましょう。

    ウコンはお酒を飲む前でも飲んだ後でも効果を発揮するといわれていますが、飲酒後でも効果的なのは液体ウコンの場合。粉末のウコンは、体に吸収されるまでに時間を要するので、お酒を飲む前にウコンを飲んでおくことをおすすめします。

    少し腹を満たしておく


    胃の中が空っぽの状態で飲酒してしまうと、アルコールの吸収率が高くなってしまいます。少しでも胃に何か入れておくことで、アルコールが胃腸から吸収されるのを遅くしたり、吸収されるアルコールの濃さを薄くしたりできるでしょう。

    また、低血糖状態になるのも遅くすることができるので、酔いによる頭痛などの症状が出にくくなり、出ても軽い症状で治まるようになるのです。

    柿を食べる


    「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるように、昔から柿は果実部分だけではなく、皮や種などから得られるたくさんの栄養分が薬として使用されていたのです。どのような栄養分があるかというと、糖質やタンニン、カリウム、カロテンなど。

    柿に含まれる成分には、肝機能の働きを高め、アセトアルデヒドの分解を補助する働きがあります。また、アルコールの吸収を抑制する働きがある成分もあるため、飲酒前に柿を食べておくと酔いすぎ予防の効果を発揮してくれるのです。

    オリーブオイルを取り入れておく


    お酒を飲む前にオリーブオイルなどの油脂を飲んでおくのも良いといわれます。それは、オリーブオイルなどの油脂が胃の中をコーティングしてくれるから。

    なぜ、胃の中をコーティングすることができるのかというと、オリーブオイルなどの脂肪分は胃で吸収されにくく、腸にいってから吸収が始まるという特徴があるため。

    胃の中がコーティングされた状態で飲酒すると、アルコールの吸収速度が遅くなります。すると、酔うペースもスローになり二日酔いしにくくなるというわけなのです。

    オリーブオイルのほか、バターやサワークリームなどでも同様の効果が得られるようなので、自分が取り入れやすい脂肪分を口にしてみると良いでしょう。