早く酔い覚ましをする方法|酔い覚ましをしてお酒とうまく付き合おう

  • 早く酔い覚ましする方法《飲み物編》

    お酒を飲むと、気分が良くなって大きな声で話をしたり、楽しくなったりしますよね。ですが、お酒を飲んだ後いつまでも興奮状態でいるわけにはいきません。また、悪酔いや二日酔いを避けるためにも、酔いを早く覚ましたいですよね。

    そこで、早く酔い覚ましする方法をお伝えします。まずは、飲み物編からです。

    とにかく水を飲む


    早く酔い覚ましするのに効果的なのが水分補給。飲んだお酒は肝臓で分解されアセトアルデヒド、酢酸へと変化します。このとき、アルコールが濃い状態よりも、水分をたっぷりとってアルコールが薄くなっている方が、肝臓への負担も軽くアルコール分解も早くなります。

    また、アルコールを飲むと、トイレが近くなりますよね。これは、アルコールに含まれる利尿作用によるもの。

    トイレが近くなり体内の水分量が減っても、お酒を水分と考えて「飲んでいるから大丈夫」と、水を飲まずにいる人も多いのではないでしょうか。従って、このような飲み方をしていると、どうしても脱水症状が起こりやすくなるのです。

    これらのことから、たっぷりのお水で水分補給することが大切なのです。

    100%のオレンジジュース


    少し酸味があり甘くておいしいオレンジジュース。普段から飲んでいるという人も多いでしょう。実はこのオレンジジュースには、酔い覚ましに効果的な成分がたっぷり入っているのです。

    オレンジジュースに含まれているのは、糖分やビタミンC、カリウムなど。これらの成分は、アルコールを分解する際にサポートしたり、水分代謝を促進したりしてくれます。

    それによって、体内からアルコールが抜けやすくなり、早く酔い覚ましができるというわけ。オレンジジュースにはたくさんの種類があるので、どれを飲もうか迷ってしまいますが、酔い覚ましには豊富に成分が含まれている天然果汁100%のオレンジジュースが最適です。

    はちみつレモン


    はちみつレモンに使われているはちみつには、ビタミンB1、B2、Cなどが、レモンには天然の酵素やビタミンC、クエン酸などが含まれています。

    はちみつやレモンに含まれているこれらの成分が、アルコールを分解するときに失いがちな栄養素の補助や、荒れやすくなっている胃腸の保護をしてくれるのです。

    はちみつレモンを飲むときには、温めて飲む方が冷えた状態で飲むよりも効果的。温かいはちみつレモンは、レモンの香りで気分スッキリ、はちみつの甘さが心をホッとさせてくれる酔い覚ましに嬉しい飲み物なのです。

    みそ汁を飲む


    みそ汁に使われているみそは、良質のタンパク質やミネラルなどの成分が含まれています。これらの成分には肝機能を高める働きがあり、さらにみそ汁で水分補給もできますので、水分が不足している体にも効果的といえるでしょう。

    二日酔いになってしまったときに効果的だといわれるみそ汁ですが、二日酔いになる前、お酒を飲んだ後すぐに酔い覚ましとして飲むと、より効果的だといわれています。

    みそ汁は、どんな具材とも合うので、みその原料である大豆から作られた豆腐などを具にして飲むのもおすすめです。

    米麹が原料の甘酒


    甘酒に含まれるブドウ糖やビタミンB群が、早く酔いを覚ますサポートをしてくれます。

    アルコールを分解するためには、多くのエネルギーが必要です。大量に必要となるエネルギーを補助してくれるのが、甘酒に含まれているブドウ糖。ブドウ糖を摂取することでアルコールを分解させ、甘酒のビタミンB群がアルコールから変化したアセトアルデヒドの分解をサポート。

    甘酒には酒粕から作られたものと、米麹から作られたものがあります。酔い覚ましに効果的なのは、米麹から造られた甘酒ですので、間違えないようにしましょう。

    スポーツ飲料


    スポーツ飲料が酔い覚ましに良いとされているのは、スポーツ飲料に程よい塩分や糖質が含まれているから。

    アルコールを摂取すると、胃腸が荒れやすくなるといわれています。また、体内水分やナトリウムやカリウムなどのミネラル分が減りやすくなり、体内水分の減少でアルコール成分が濃くなるのです。

    この様な状態に嬉しいのが、胃腸に優しく吸収率が良いとされるスポーツ飲料。スポーツ飲料は、塩分や糖分を含んでいるため、失ったミネラル分や水分の補給をしてくれます。

    スポーツ飲料を摂取することで、酔い覚ましに必要な成分を吸収することができるため、頭痛や吐き気、だるさなどの酔い症状が緩和されていくのです。