早く酔い覚ましをする方法|酔い覚ましをしてお酒とうまく付き合おう

おいしいお酒は、気分良くついつい飲み過ぎてしまうことがありますよね。飲み過ぎて悪酔いしたり、二日酔いになってしまったりした経験を持つ人はたくさんいるでしょう。頭痛や吐き気、だるさなど、辛いですよね。そこで今回は、早く酔い覚ましする方法を紹介します。

  • 早く酔い覚まし出来る方法が知りたい!

    お酒を飲むとなんとなく良い気分になりますが、飲み過ぎて二日酔いになってしまうことがありますよね。

    この気分が良くなったり興奮状態になったりする「酔い」は、摂取したエチルアルコールが脳の機能を抑えてしまうために起こる症状です。一方で、吐き気や頭痛などの症状が出る「酔い」は、摂取したアルコールが分解されるときにできるアセトアルデヒドという成分の影響。

    いずれにせよ、悪酔いや二日酔いは、頭痛や吐き気などの症状が出てつらいですよね。そんな「酔い」を経験しなくても済むように早く酔い覚ましをしたいもの。そこで、早く酔い覚ましする方法について紹介していきます。

    飲んですぐ寝るとお酒が残ってしまう?


    お酒を飲んで眠くなってしまい、酔い覚ましする前に寝てしまったという方もいるかもしれませんね。そして、翌朝目が覚めてもお酒が抜けておらず「なんで?」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

    その原因は、寝てしまうと体内のアルコール処理のスピードが落ちることにあります。起きているときと就寝しているときでは、アルコールを分解する能力が半分ほどに下がるということが分かっているのです。

    そのため、酔い覚ましする前の酔った状態で眠ってしまうと、目が覚めた後にもアルコールが残っていることになってしまいます。

    迎え酒はもってのほか!


    「迎え酒をすると、二日酔いがなかったことになる」なんてうわさを聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

    しかしながら、実際のところ二日酔いの時の迎え酒はもってのほかです。二日酔いになっているときは、体の中の水分が減少している状態。そのような状態のところに、さらにアルコールを入れることで、体内の水分が外に出て行くことに。

    また、頭が痛い、気持ちが悪いという状態の時に迎え酒をしてしまうと、その具合の悪い状態が続き、回復するまでの時間がさらに必要になってしまうという悪循環に陥るのです。

    そのため、迎え酒をして頭痛や吐き気などを解消しようなどと思わないよう気をつけましょう。