結婚記念日は夫へサプライズをしよう!サプライズ案や成功のコツは?

女性の中には結婚記念日だから夫へ何かしてあげたいと思っている人もいるでしょう。そんな人のために、結婚記念日のサプライズ案を紹介します!何かしたいという気持ちがあるなら、アッと驚くサプライズをしてあげましょう。喜ぶ顔を思い浮かべて用意することがポイントです!

  • そもそも結婚記念日っていつ?

    「夫へ結婚記念日サプライズを考えよう!」といっても、実際に結婚記念日がいつに当たるのか分からないという人もいますよね。

    夫へサプライズを考える前に、まずはそもそも自分たちの結婚記念日がいつなのか確認しておきましょう。

    結婚式を挙げた日


    結婚記念日は主に「結婚式を挙げた日」と「入籍した日」に分かれます。特に記憶に残りやすいという理由で選ばれやすいのは、「結婚式を挙げた日」です。それだけ二人にとって特別という印象が強いので、結婚記念日として設定されます。

    特にどちらかが忘れっぽいタイプだと、届け出を出しただけの日では記念日としてのインパクトが足りませんよね。これでは何をしたか忘れてしまう人も多いでしょう。

    そのため二人にとって記憶に残りやすい、結婚式を記念日にする夫婦が増えているのです。どちらを設定するかは夫婦に委ねられますが、イメージに残りやすい点でいえば「結婚式を挙げた日」の方がインパクトが強いでしょう。

    入籍した日


    結婚記念日のイメージが掴みやすいのは結婚式を挙げた日ですが、多くの夫婦が記念日として設定しているのは「入籍した日」です。これは正式に夫婦となった日を意味するので、こちらの方が特別感が感じられるという意見があります。

    また、そもそも記念日に入籍したという人もいますよね。例えば「出会った日」や「告白された日」などが挙げられるでしょう。こうした特別な日であれば、記念日として忘れることもないでしょう。

    結婚記念日は、入籍した日と挙式した日、どちらを設定しても良いことになっています。そのため二人が忘れにくく特別だと思える日を「結婚記念日」としましょう。
  • 夫への結婚記念日サプライズが成功するコツ

    夫へサプライズを考えても、手当たり次第に行えば成功するものではありません。

    当然しっかりと計画を立て、バレないように行動しなければサプライズは失敗に終わります。だからこそサプライズを成功させるためのコツを知っておきましょう!

    バレないように準備する


    サプライズですから、当然バレないように準備しましょう。特にプレゼントなどは、ものが大きくなるほどバレやすくなります。そのため結婚記念日当日まで買わない、隠すなどの工夫が必要ですよ。

    また、部屋を装飾する場合には夫がいない間に準備を進める必要があります。特に飾りなどをつける場合には、バレないよう隠しながら作ることになるでしょう。

    特に仕事をしている人は限られた時間の中で用意する必要があるため、計画性を持たないと結婚記念日までに間に合わなくなるでしょう。

    夫が喜ぶ事をしてあげる


    ビックリやドッキリを与えるためでも、夫が嫌がるような真似はしてはいけませんよ。例えば夫へのサプライズといって、ドッキリ作戦はあまりおすすめできません。こうしたドッキリは夫が喜ぶとは限らないので、失敗に終わる可能性が高いです。

    また夫へのプレゼントでも、欲しがってないものはあげないようにしましょう。これではもらっても「嬉しい」と思えず、逆に文句を言われる可能性も。互いに良い思いをしないので、必ず夫が喜ぶことをしてあげましょう。

    喜ぶことをしてあげれば、感謝されます。それこそ「ありがとう」「嬉しい」と、素直な気持ちを話してくれるでしょう。

    友人や家族に協力してもらう


    より大きな感動を夫へ贈りたいなら、友人や家族にも協力してもらいましょう。人数が多い方が「お祝い」「大切な日」という印象がより強くなるからです。これなら忘れっぽい人でも、今日が何の日であるかすぐに思い出すことができるでしょう。

    また、普段から二人きりで記念日を祝う人にとっては、ありきたりな演出では物足りないと思うことも多いです。いつもと変わらない日常感が強ければ、それこそサプライズだと気づいて貰えないでしょう。

    よりサプライズだと築いてもらうためには、非日常感を演出することが大切です。友人や家族に協力を頼み、普段とは違った日常を演じましょう。

    楽しめるサプライズを考える


    せっかく結婚記念日サプライズをするのですから、互いに楽しめる内容を考えましょう。例えば宝探しやデートなどは、互いに楽しみながら結婚記念日を過ごすことができます。互いに楽しめる内容であれば、より素敵な記念日となるでしょう。

    逆にどちらか片方だけが楽しいと思える内容は避けるべきです。これでは片方が満足しきらない形で結婚記念日が終わってしまうので、素敵な記念日だったと語ることはできないでしょう。それこそ不満を引きずることになります。

    そのため夫へ結婚記念日サプライズをするときは、夫だけでなく自分も楽しめる内容を考えましょう。面白みや刺激のあるサプライズをした方が、記憶に残る記念日になりますよ。