人と仲良くなれないのは何故?原因や仲良くなれる方法をリサーチ!

人と仲良くなれないと感じると、生きづらさを実感しますよね。しかし生きづらさを抱えているだけでは、自分の人生をより良いものにすることができません。本当に人と仲良くなりたいと思うなら、自分からその殻を破ることが大切です。人と仲良くするための方法を紹介します。

  • 人と仲良くなれない自分はおかしいの?

    誰だって人間関係は良好でありたいと思うものですよね。

    しかし実際に人と仲良くなるのは、そう簡単なことではありません。だからこそ人と仲良くなれない自分に対し、卑屈になってしまうのです。

    多くの人が人間関係で悩んでいる


    現代では多くの人が「人と仲良くなれない」ことを悩みとして抱えています。誰だって他人とどこか壁がある、打ち解けないと少なからず感じているのです。そのため人間関係で悩みを抱えるのは、人として当たり前といえます。

    また、表面上明るく誰とでも打ち解けているように見える人でも、実際には同じような悩みを抱えていることも。例え人気者であっても、いつでも誰とでも仲良くいられるわけではないのです。それこそ人気者ゆえに抱える人間関係の苦悩もあるでしょう。

    特に対人関係で嫌な思いをしてきた人ほど、多くの苦しみや悩みを抱えます。だからこそ人との関わり合いを避け、自分一人で生きていきたいと強く思ってしまうのです。

    しかし生きていく上で人間関係は必須


    人間関係で嫌な経験をすると、それがトラウマとなって頭から離れなくなりますよね。それこそ「もうあんな思いは嫌だ」と、他人と距離を置きたくなってしまうでしょう。しかし人間が生きていく上で、人間関係は必須といえます。

    誰だって一人で生きていくことはできませんし、何をするにも人と関わらなければいけません。例えば、買い物をするにも役所を利用するにも最低限の人との関わりがあります。誰とも顔を合わせずに生きることは、ほぼ不可能といえるでしょう。

    だからこそ、人と仲良くなれないことを克服していかなければいけません。本当に改善しようと行動した人こそ、人との壁を取り払って距離を縮めていけるのです。
  • 人と仲良くなれない人の特徴とは?

    人と仲良くなれない人には、ある共通する特徴があります。

    次のような特徴を多く持つ人は、心から人との関わり方で悩んでいる人です。まずはそんな特徴に自分自身が当てはまっていないか、チェックすることから始めてみましょう。

    恥ずかしがりや


    恥ずかしがりやな人って、他人と話すときはどうしても目線を逸らしてしまいますよね。自分の思っていることを見透かされそうなので、つい目を逸らしてしまうでしょう。しかし目を逸らす行為は、相手に「嘘を言っている」とアピールするようなものです。

    それこそ相手に不信感を与えてしまい、話を信じてもらえなくなります。自分が仲良くなろうと頑張っても、真意を相手に伝えることができなくなるでしょう。

    また、恥ずかしがりやな人は言いたいことがいえないことも多いですよね。もじもじとする姿は相手に不快感を与えやすいので、より人から壁を作られる原因になります。

    人見知り


    見知らぬ相手に対して警戒心を強く持つ人見知りな面も、人と仲良くなれない人が持つ特徴です。他人に対して必要以上に警戒心を持ってしまうので、信用できる相手と理解するまでに時間がかかります。

    このせいで仲良くなる前に人が離れてしまうのです。人を簡単に信用しないのは自身を守るうえで大切なことですが、信用に至るまでの時間が長いのも問題といえます。

    誰だって信用されていたいと知れば、悲しみだけでなく苛立ちや不快感を感じます。人見知りすぎると知らない間に人を傷つけてしまい、自分から離れていく原因を作ってしまうのでしょう。

    疑い深い


    人と仲良くなれない人は、疑い深い面も持ち合わせています。相手を簡単に信用しないので、時間をかけなければ心を開かないのです。これによって相手に不信感を与えてしまい、仲良くなることができません。

    また、些細な戯言や冗談であっても、疑い深い人にとってはそれが悪口として聞こえることも多いでしょう。相手はほんの冗談でいったつもりなのに、本気に捉えられては付き合いにくさを感じます。

    特に、何を言うにも「本当に?」「裏付けは?」などと迫られては、相手は「この人とは仲良くなれない」と感じてしまうでしょう。

    コミュニケーションが苦手


    人と仲良くなるには、最低限のコミュニケーションが求められます。しかしこのコミュニケーションが元から苦手な人は、人と仲良くなれない人です。苦手意識を持ったままでは、相手にぎこちなさや不快感を与えてしまうからといえます。

    特に受け答えがきちんとできない人ほど、相手との溝をより感じてしまうでしょう。まるで自分と相手は全く違う生き物だと言われているような気がして、喋ることすら嫌に感じます。

    また、コミュニケーションが苦手な人は人と顔を合わせることも苦手です。同じ空間にずっといることに苦痛を感じる人ほど、人と仲良くなれない人といえます。