周りに人が集まる人の特徴とは?もっと好かれる方法&NG行動も紹介

  • これはダメ!人が集まる人になれないNG行動

    人が集まる人は、人から好かれる人でもあります。皆から好かれたいと思うならば、してはいけないNG行動は避けたいところです。人として嫌われてしまう言動、信用を失ってしまう言動をしていては、好かれる人にはなれません。

    人が集まる人になれないNG行動とは何か、しっかり頭に入れておきましょう。

    他人の陰口や悪口を言う


    本人にバレないだろうと、他人の陰口や悪口を言うのはNG。意外と世間は狭いもので、どこで繋がりがあるか分かりません。また、職場などの限られた空間では、気付かぬところで本人に聞かれているというケースもあります。陰口や悪口は控えた方が良いですね。

    また、陰口や悪口といったネガティブな話は、聞いている側の気持ちにも影響します。「あの人嫌い」などと聞かされて、嬉しく感じる人はほとんどいません。仮に聞いている人がその人と仲が良かったとすれば、複雑な思いを抱えるだけでなく、あなたへの嫌悪感も持つでしょう。

    他人の陰口や悪口などから、プラスの感情は生まれないのです。

    責任を他人に負わせる


    皆で取り組んだことでのミス、あるいは自分のしでかしたミスの責任を、他人に負わせるようなことはあってはなりません。責任を押し付けられた側は、不快な思いをするだけでなく、あなたに恨みを持つ可能性があります。恨みを持つような相手に「仲良くなりたい」「近寄りたい」とは思わないですよね。

    また、その様子の一部始終を見ていた人は「なんて責任感が無い人なんだ」「いざとなったら仲間を売る人だ」といったイメージを持ちます。これでは好かれるわけがありませんよね。

    他人の責任を被る必要まではないですが、せめて自分のことは自分で責任を持つといった大人な行動が求められるでしょう。

    命令や否定ばかり


    他人と会話をする時、命令や否定ばかりなのもNGです。「こうしなさい」「それではダメ」と、尊重も認めもしないでいれば、会話すらしたくないと思われてしまいます。そうなれば周りに人が集まることはないですよね。

    加えて、自分に甘いとなれば、他人に不快感を与えてしまいます。「人には命令しておいて、自分は違うことをやってる」と感じれば、不信に感じてしまうでしょう。

    自分に厳しく他人に甘くなる必要まではありませんが、他人を認め褒めてあげられるようにはなりたいものですね。

    人によって態度を変える


    自分にとっての利害を考えて、人によって態度を変えるのもNGです。特に職場等の狭い空間では、態度の違いを周囲は見ています。どれが本当の姿なのか分からず、中には恐怖を感じる人も。あからさまな変化は付けない方が良いでしょう。

    人によって態度を変える人は、物事にも損得勘定をします。「この仕事をすれば認められやすい」「これは何のプラスにもならないからやらない」といったように、自分にどう影響するかで判断することが多いです。

    簡単に人や物事への見方を変えることは難しいですが、謙虚さを持つと少しずつ変わってくるかもしれませんよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)