遠距離恋愛が長続きするLINEのコツ!頻度や内容を詳しく解説

遠距離恋愛をしている皆さん。恋人とはどのくらいLINEしていますか?今のLINEの頻度や内容で満足できているでしょうか。感じている不安や寂しさによっても、望むLINEの頻度・内容は異なるものです。この記事では、遠距離恋愛が長続きするLINEのコツを詳しく解説していきます!

  • 遠距離恋愛が長続きするLINEのコツが知りたい!

    SNSやオンラインゲームなどで出会って遠距離恋愛を始めるカップルも、今の時代は珍しくありません。

    もちろん、交際の途中で何らかの事情から遠距離となってしまったカップルや、マッチングアプリで知り合い、最初から遠距離からスタートというカップルも少なくないでしょう。遠距離恋愛の悩みを抱えている人たちは、それだけ多く存在するのです。

    そこで今回は、遠距離恋愛におけるLINEの使い方に注目!遠距離の二人にとってLINEは欠かせないツールですよね。どのくらいの頻度でLINEをすれば良いのか、どのような内容だと長続きするのかといったLINEのコツをご紹介していきます。
  • 遠距離恋愛でのLINEのベストな頻度は?

    まずは、LINEの頻度から見ていくことにしましょう。

    遠距離恋愛中のカップルは、その距離感ゆえ、抱える不安や寂しさも大きいもの。LINEがどのくらいの頻度だと、不安や寂しさを感じにくいのでしょうか?

    お互いの理想のペースを知る


    初めに、お互いの理想のペースを知る必要があります。暇な時間があればLINEしたいと思う人もいれば、用件がある時だけで良いという人もいますよね。LINEに対する価値観が違うと、それだけで温度差が生まれてしまうことがあります。一度、どの程度のペースが良いか話し合いをしてみましょう。

    もちろん、話し合った結果大きな差が出ることも考えられますよね。その場合は、間を取る必要があります。どちらか片方に合わせるのではなく、折り合いをつけるという方法です。そうすれば、片方にだけ不満が大きく溜まるということが防げます。

    相手の状況や立場も考えて送る


    相手の状況や立場によっても、LINEの頻度は変わるでしょう。確かに、遠距離恋愛のよる不安や寂しさは大きいですが、ここで無理を強いてしまえば別れにも繋がってしまいます。

    例えば、同じ社会人だとしても仕事の内容などによって拘束時間もバラバラですよね。そこで自分の都合だけでLINEする時間帯を選んでいては、相手は不満に感じてしまいます。

    そうした不満が生まれないように、まずは相手の状況や立場を理解することが必要です。仕事をしている時間帯はいつか、仕事後も飲み会などで忙しくしていないかといった事情を知ることが大切でしょう。

    我慢させている場合は穴埋めも必要


    よくあるパターンが、片方があまりLINEをしないのに、もう片方はLINEをしたいというケースです。元々LINEを積極的にしない人は、遠距離であってもそのスタイルは崩れません。ですが、このままではLINEをしたいと望んでいる方が、一方的に不安や寂しさを抱えてしまいます。

    仮にLINEが面倒くさいからという理由であまりしないのであれば、それは自分の都合しか考えていないことになります。相手の気持ちを考えれば、多少合わせてあげる必要がありますよね。ただ、毎日毎日LINEを送るのは難しい場合もあります。そんな時は、電話をするなどして穴埋めをすべきでしょう。

    文字だけのLINE以上に、生の声は不安や寂しさでいっぱいの心を一気に満たしてくれるもの。少しでも我慢させているなと思ったら、しっかり穴埋めをして溝を作らないようにしたほうがいいでしょう。

    頻度を多くしたいなら内容は短めに


    もし、遠距離の相手とLINEの頻度を高めたいなら、メッセージの内容は短めにした方が良いでしょう。長文のメッセージだと、読むだけでも時間がかかってしまいます。また、同じくらいの量で返さなければならないという見えないプレッシャーを与えてしまうことも。返信の内容を深く考えなくて済むように、短めの内容で送ると良いでしょう。

    短文でのやり取りであれば、送るのにも時間はかかりませんよね。また、面倒くさいと感じさせることも少ないでしょう。LINEの頻度を多くしたいなら、テンポよくやりとりできる短文でメッセージを送りましょう。