一線を超えるのはどこから?男女の本音&既婚者が見る地獄を紹介!

  • 一線を超えることで既婚者が見る地獄

    既婚者が一線を超える、いわゆる不倫に手を染めてしまうことになれば、その先には何が待っているのか想像できますよね。既婚者にとって、一線を超えるのはタブーですので、必ず地獄を見ることになります。

    ここで、一線を超えてしまった既婚者に訪れる地獄とは何か、具体的にご紹介します。

    修羅場


    不倫がバレたら、かなりの確率で修羅場が待っています。パートナーが荒れに荒れて精神的に不安定になることもあるでしょう。両家の家族を巻き込む可能性もありますし、パートナーと不倫相手の直接対決もあるかもしれません。

    また、バレなくても不倫相手が本気になったら最悪です。離婚を迫られたりバラすと脅されたり、生きた心地がしないでしょう。

    家庭崩壊


    パートナーを傷つけるだけでなく、子供との信頼関係も失います。家族から総スカンを食らい、居場所がなくなるでしょう。

    離婚になる可能性が高いですが、離婚を免れたとしても家庭崩壊になるかもしれません。パートナーが精神的に不安定になり、子供は言うことを聞かなくなり、家の中が荒れまくるでしょう。離婚してもしなくても、苦しい日々です。

    慰謝料請求


    不貞行為という事実がありますので、離婚の際は当然ながらかなり不利になるでしょう。肉体関係ありの一線を超えた証拠を掴まれれば、パートナーから慰謝料を請求される可能性も高いです。家族からの信頼や愛情だけでなく、お金も失うことになるのです。

    社会的信用を失う


    一線を超えた後始末が家庭内で収まるとは限りません。場合によっては、職場などにもさらされて、家庭だけでなく職場での居場所もなくなるかもしれないのです。

    社会的信用を失えば、最悪の場合、離職に追い込まれることも考えられます。特に、同僚や上司、取引先の人など仕事関係者と不倫関係になったら、仕事に影響が出る可能性が高いでしょう。