一線を超えるのはどこから?男女の本音&既婚者が見る地獄を紹介!

  • 恋愛感情で一線を超えた男女の特徴

    男女が一線を超える行為には、恋愛感情が伴う場合もあれば性欲だけの場合もあります。性欲に負けて一線を超えた場合は、その場限りで疎遠になったり何事もなかったかのようにふるまったりすることが多いです。

    一方、恋愛感情により一線を超えた場合は、その後も二人の関係が続くことがほとんど。そんな二人が一線を超えると、次のような変化が見られやすいです。

    ボディタッチが増えた


    やたらボディタッチが多くなり、手を繋いでいたり腰に手を回していたりするカップル。これは、一線を超えて二人の距離が一気に縮まったことを表しています。

    一線を超えるまでは遠慮があるのでボディタッチも控えますが、もうお互い触れ合ってしまえば遠慮もなくなります。身体に触れるのも自然になるでしょう。やたらイチャイチャしている男女がいたら、何らかの行為により一線を超えた人たちだと思われます。

    距離感が近い


    ぴったりくっついて座っていたり、よく一緒にいたりと、いつの間にかとっても仲良くなっている…という感じがする場合も同様です。

    一線を超えるとお互いの距離が一気に縮まるため、自然と距離感が近くなるのです。一つの食べ物や飲み物を分け合っていたり、二人しか知らない話題があったりと、急に昔から親しいかのようなふるまいが見られることもあります。

    呼び名が変わった


    前までは名字にさん・くん付けで呼び合っていたのに、下の名前やあだ名で呼ぶようになった…。それは、二人の間に何かがあったからでしょう。

    恋人同士が付き合うとお互い呼び名が変わるのと同じ感覚です。一線を超えて距離が縮まったから、もしくは一線を超える一歩手前の関係だがら、親しみがこもり呼び名も変わるのですね。

    一緒にいる時の雰囲気が自然


    いつの間にか、とてもお似合いなカップルのような二人になっている、雰囲気が似ていて自然となじんでいる…。それはお互いの気持ちが通じ合っているからです。

    まるで長く付き合っているような自然な空気感があるのは、一線を超えて心身ともにお互いのことを知っているからなのでしょう。他の人にはわからない二人だけの世界があるのです。