すぐ寝る女の特徴と心理|男性の本音から卒業する方法まで徹底解説!

  • 男とすぐ寝る女の心理

    軽い女と軽蔑されているかもしれない、男性から遊ばれているだけかもしれない、そんな思いを抱えていても求められたらすぐに寝てしまうことに悩んではいませんか?

    やめようと思ってもやめられないのは、自分でも気がついていない心理が隠れているからかも。続いては、男とすぐ寝る女性に隠された心理についてご紹介します。

    寂しさからすぐ寝てしまう


    男性に逃げられたくない、嫌われたくない、捨てられたくない、一人になりたくないなど、寂しさや不安な心理が働いて、すぐに寝てしまう女性はとても多いです。

    断ったら男性から愛想をつかされるかもしれないという不安が隠されている場合もありますし、セックスをすることで寂しさが紛れる場合もあります。どちらにしても、根底にあるのは「一人になりたくない」という心理だといえるでしょう。

    男性に見切りをつけるのが早い


    相手の男性にちょっとした悪いところや不快に思うようなところを発見しても、通常であれば我慢できますよね。しかし、男性に見切りをつけるのが早い女性は、たった一つの欠点でも許すことはできません。欠点を見つけた瞬間に、フッと気持ちが冷めてしまいます。

    たとえ付き合っている男性であっても、欠点を目にしたらそこで終わり。関係がこじれても、修復しようとはしません。このように男性に対して見切りをつけるのが早い女性は、逆に男性と寝るのも早いです。まわりくどい恋愛の駆け引きが嫌いなのかもしれませんね。

    別の男性がよく見えてしまう


    どれだけ好きな男性であっても、いざ付き合ってみると他の男性の方がよく見えてしまう。そんな恋愛体質の女性は、タイプの男性をみかけたらすぐに恋に落ちてしまいます。たとえその男性のことをよく知らないとしても、関係がありません。

    いわゆる恋に恋をするタイプなので、目当ての男性から体を求められたら、喜んで差し出してしまいます。また、このような女性は片思いをしている期間がもっとも好きであり、いざ両思いになると気持ちが冷めてしまいがちなので注意が必要です。

    セックスに対するハードルが低い


    特徴としてもう一つ言えるのが、セックスに対するハードルが低いという心理です。多くの女性が段階を踏んでからセックスをするのに対して、ハードルが低い女性は出会ったその日にセックスをするのも平気です。

    セックスに対して特に思い入れもなく、むしろセックスはスポーツだと思っている女性もいるのだとか。このような女性にとってセックスは、男性とお酒を飲む、カラオケを楽しむ、ボーリングをするなどのアクティビティとあまり変わらないのかもしれませんね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)