厨二病の意味や特徴とは?思い出すのも恥ずかしいエピソードも紹介!

誰でも思春期の頃には「厨二病」と呼ばれてしまいそうな言動をしたことがあるでしょう。大人になった今、自分がやらかした「厨二病的な振る舞い」を思い出すと、身悶えするほど恥ずかしくなる人もいるのでは?そこで今回は、厨二病の具体的な特徴や、厨二病まっただ中の人が好みやすいものを解説します。さらに、恥ずかしい厨二病エピソードや、その他の「○○病」についてもあわせてご紹介します。

  • そもそも厨二病って何?

    ネット上では時折「厨二病」という言葉を目にすることがあったり、実際に「あなたは厨二病だね」と言われたことがある人もいると思います。意味を知らないと何のことだかさっぱり分かりませんが、その意味を知ると、人によっては恥ずかしくなってきてしまうかも。「厨二病」とは一体なんのことなのでしょうか?

    厨二病の意味とは


    厨二病とは、思春期特有の思想・空想・価値観・言動が過激になっている状態のことです。そのような状態を自虐したり、そのような状態にある誰かを揶揄するニュアンスが含まれています。「病」と付きますが、実際に体や心を害する病気ではありません。

    若いころに憧れの人や漫画のキャラクターをマネしてみたり、空想を現実だと思ったことはありませんか?空想や憧れを過剰に現実で実践してしまうのが厨二病なのです。

    厨二病という言葉の生みの親は伊集院光!


    厨二病という言葉は、実は芸能人の伊集院光さんが1999年に放送されたラジオで作った言葉だと言われています。思春期になるとなぜか言動や空想が過激になる現象に名前をつけたところ「中二病」になったのだそう。この現象が起こるのは、だいたい中学2年生くらい頃なので「中二病」。さらに「中」の字を「厨」に変え、今では「厨二病」という表記が多く使われています。

    厨二病は成長と共に治っていく。黒歴史とは?


    厨二病になったらずっと厨二病を患ったままではありません。中には大人になっても厨二病の人もいますが、ほとんどの人は成長していくにつれて治っていきます。高校生くらいには落ち着き、大学生くらいになるころにはすっかり厨二病は治っている場合が多いです。

    そして、厨二病が治ったころになると、昔の自分の言動を思い出し、恥ずかしくて悶えるような思いをすることがあるんです。厨二病時の痛い言動は「黒歴史」と呼ばれていて、その意味は「恥ずかしい思い出」「思い出したくない思い出」などです。