恋人の定義は男女で異なる?彼氏彼女との違いや確認方法もご紹介!

口に出していうのはちょっぴり照れ臭い「恋人」というワード。今回の記事では、この恋人にスポットを当て徹底考察してみました。彼氏・彼女と恋人との違いや、男女で違う恋人の定義など盛りだくさんです。改めて「恋人の定義」という興味深いテーマに、耳を傾けてみませんか?

  • そもそも恋人って何だろう?

    冒頭から分かりそうで案外分からない、改めて聞かれると「ん?」と考えてしまう投げかけです。そもそも「恋人」とは、何だと思われますか?簡単にいえば「付き合っている相手」となりますが、突き詰めるとそれだけではありません。最初の項目では「恋人」について考察していきましょう。

    恋人とは恋愛関係が大前提


    まず第一に、恋人とは恋愛関係にあることが大前提です。そして恋愛関係とは、お互いに恋慕い愛し合う関係であるということ。ですから恋人は「恋慕い愛し合っている特定の人」ということになります。

    小難しい説明になってしまいましたが、改めて考えてみると「恋人」は軽々しい関係ではないことが理解できますよね。

    彼氏・彼女との違いはある?


    彼氏・彼女と恋人の違いは、その関係の深さです。よく友達に「彼氏(彼女)ができたんだ!」とはいいますが「恋人ができたんだ!」とはいいませんよね。まさにそれが「彼氏・彼女」と「恋人」との違いなのです。

    彼氏・彼女もお付き合いしていることには違いありませんが、とてもライトな関係性ということになります。好意はあるけれど付き合いが浅く、「好き」という感情で結び付いている現在進行形の関係。

    一方の恋人は、ある程度の期間お付き合いがあり、この先に婚約や結婚などへたどり着く可能性が高い関係性。比較するとこのような違いはありますが「好き同士が付き合っている」という部分は一緒。なので別物までの違いはないと解釈しましょう。