付かず離れずの距離で恋愛を長続きさせたい!方法や体験談を徹底解説

恋人との関係を長続きさせるコツは、付かず離れずの距離感を保つことです。情熱的な恋愛に憧れる人には物足りない感じがしますが、お互いの生活を尊重しあうことができればずっと仲良しカップルでいられるでしょう。こちらでは、付かず離れずの恋愛関係のについて徹底解説します。

  • 付かず離れずの人間関係とは?

    会社や学校で快適な人間関係を作るためには、適度な距離感が大切だと感じたことはありませんか?離れすぎてはコミュニケーション不足になりますし、近すぎても窮屈になってしまいます。円滑な人間関係を築くコツは、付かず離れずの距離なのです。

    「彼氏がなかなか連絡をくれなくて寂しい」「彼女と喧嘩が絶えなくて疲れてきた…」と恋愛で悩んでいる場合も、2人の距離感を見直すことで、解決するかもしれません。彼氏・彼女と付かず離れずの距離になることにより、お互い良い関係になるでしょう。

    「付かず離れず」の意味とは


    「付かず離れず」の意味とは、「深く関わりすぎないが、全く関わらないわけでもない。ほどほどに関わり合う人間関係」です。付かず離れずの関係は、職場や学校、家庭や友人関係などで、理想的な距離感とされています。

    詳しく解説すると、付かず離れずの「付かず」は、干渉しすぎないことを指し、あれこれ口出ししすぎず、相手を適度に放っておくことです。「離れず」は完全に放置しないことを指し、無関心にならず相手を程よく気にかけることを指します。

    人間関係が希薄なわけではない


    付かず離れずの関係というと、冷たいような感じに受け取る人もいるでしょう。しかし、決して人間関係が希薄なわけではありません。

    冷たく感じる原因は、個人の性格や状況によって、付かず離れずの「適度に放っておく」「程よく気にかける」の感覚が違うからです。寂しがり屋の人はもっと構って欲しいと思い、仕事を覚えたてで不安なときは、もっと気にかけて欲しいと考えるでしょう。

    付かず離れずの距離を保とうとする人は、完全に放置するつもりはないため、必要な時は自分から関わって行くと、寂しさや不安は解消されます。しかし相手は、お互い自立した関係を望む人なので、接近した状態のままでいることは避けましょう。

    付かず離れずは恋愛関係を長続きさせるコツでもある


    恋愛で付かず離れずの距離を保つことを、寂しいと感じる人も多いでしょう。恋人といつも一緒に居たい、たくさん連絡を取りたい…。せっかく想い合って恋愛関係になったのだから、仲良くイチャイチャしていたいと考えるのは当然です。

    しかし長く付き合うためには、お互いの生活や価値観を尊重することが大切になります。つまり、付かず離れずの関係になることが長続きカップルになるためのコツなのです。
  • 付かず離れずの恋愛関係のメリット

    恋愛関係では、距離感が非常に重要です。近すぎると片方が「重い、面倒」と感じてしまい、遠すぎると片方が「愛されていない、寂しい」と感じてしまいます。

    恋愛においても適度な距離感とされる付かず離れずの関係を、恋人の間で築くことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

    疲れない


    想い合ってお付き合いを始めた恋人同士でも、元々は他人です。育った環境や価値観が違う別の人間が、長時間一緒に居るとすれ違ったり疲れたりしてしまいます。

    付き合いたてはラブラブで、長時間一緒に居ても楽しいことが多く、離れたくないと思いますよね。しかし一緒に居ることに疲れてしまうとイライラしやすくなり、喧嘩の元になってしまいます。それが重なって別れの原因になってしまうことも。

    恋人同士で付かず離れずの関係を築くことができれば、相手に対して疲れることが少なくなります。程よく相手を放置できるというのは、お互い自立した人間ということになるので、付き合っていても「重い、面倒だ」と感じることがなくなるのです。

    自分の時間を大切に出来る


    「仕事で疲れていてすぐに寝たいけど、彼女が電話を待っている」「友達と遊びに行きたいのに、彼氏が嫌な顔をする」といいうように、相手に依存してしまうと、一緒にいない時間も束縛したいと考えがちです。そんな付き合い方では、相手を束縛することに自分の時間をつぎ込んでいることになりますし、いずれ相手に嫌がられてしまいます。

    カップルが長続きするコツは、自分の時間を大切にすることです。付かず離れずの恋愛関係になれば、自分の時間を確保することができ、相手の時間を大切にすることにもなります。

    生活していく上で、大切なのは恋人と過ごす時間だけではありません。あなたにとっても相手にとっても、仕事や友人関係、自分の趣味に集中する時間も大切なのです。

    付かず離れずの関係はマンネリ防止になる


    時間ができれば一緒に居る、会わない日も長電話でたくさん話すという、ベッタリ型のカップルは多くいるでしょう。それだけ相手のことを知ることができますが、自分のことができません。一緒に居すぎると嫌な部分が見えてくることが多く、相手に対して飽きるのも早くなってしまいます。

    付かず離れずの関係の場合は、会うときには会いますが、無理して時間を作ることはしません。そして、離れている時間はお互い自分の好きなように過ごします。

    そのため、会うたびに新鮮な発見があり、いつまでもドキドキできるのです。付かず離れずのカップルはマンネリ化しにくく、長続きします。

    相手と過ごす時間を大切にできる


    付かず離れずのカップルのメリットとして、相手と過ごす時間を大切にできることがあげられます。無理して会わずに自分の時間を大切にする分、会える時間を心から楽しむことができるのです。

    一緒に居ることに慣れすぎていないため、会えることを純粋に楽しみにできる上に、お互いに自分の時間を過ごしていることにより、心に余裕があります。そのため、一緒に居るときに相手に対してイライラすることが減り、相手をイライラさせるような言動も少なくて済むのです。

    一緒に過ごす時間を大切にできるということは、相手を大切にできるということになりますよね。付かず離れずの関係を保つためには、一緒に居る時間も自分の時間も、両方充実させることができるのです。

    結婚に焦る気持ちがなくなる


    恋人と付かず離れずで良い関係を保つことができていると、結婚に焦る気持ちがなくなります。周りが結婚しだしたり、「あなた結婚はどうなの」と聞かれたりして焦るのも、原因は「自分は今のままで幸せなのだろうか」という不安です。

    不安から来る焦りを恋人にぶつけてしまうと、相手は結婚をプレッシャーに感じてしまいます。自分も相手も結婚を焦ってしまっては、いい結果につながりません。

    付かず離れずの関係を保っているカップルは、お互いを尊重することができており幸せなため、現状に不安を感じることはありません。そのため、焦ることなく、自分たちに合ったタイミングで結婚について考えることができるのです。