付かず離れずの距離で恋愛を長続きさせたい!方法や体験談を徹底解説

恋人との関係を長続きさせるコツは、付かず離れずの距離感を保つことです。情熱的な恋愛に憧れる人には物足りない感じがしますが、お互いの生活を尊重しあうことができればずっと仲良しカップルでいられるでしょう。こちらでは、付かず離れずの恋愛関係のについて徹底解説します。

  • 付かず離れずの人間関係とは?

    会社や学校で快適な人間関係を作るためには、適度な距離感が大切だと感じたことはありませんか?離れすぎてはコミュニケーション不足になりますし、近すぎても窮屈になってしまいます。円滑な人間関係を築くコツは、付かず離れずの距離なのです。

    「彼氏がなかなか連絡をくれなくて寂しい」「彼女と喧嘩が絶えなくて疲れてきた…」と恋愛で悩んでいる場合も、2人の距離感を見直すことで、解決するかもしれません。彼氏・彼女と付かず離れずの距離になることにより、お互い良い関係になるでしょう。

    「付かず離れず」の意味とは


    「付かず離れず」の意味とは、「深く関わりすぎないが、全く関わらないわけでもない。ほどほどに関わり合う人間関係」です。付かず離れずの関係は、職場や学校、家庭や友人関係などで、理想的な距離感とされています。

    詳しく解説すると、付かず離れずの「付かず」は、干渉しすぎないことを指し、あれこれ口出ししすぎず、相手を適度に放っておくことです。「離れず」は完全に放置しないことを指し、無関心にならず相手を程よく気にかけることを指します。

    人間関係が希薄なわけではない


    付かず離れずの関係というと、冷たいような感じに受け取る人もいるでしょう。しかし、決して人間関係が希薄なわけではありません。

    冷たく感じる原因は、個人の性格や状況によって、付かず離れずの「適度に放っておく」「程よく気にかける」の感覚が違うからです。寂しがり屋の人はもっと構って欲しいと思い、仕事を覚えたてで不安なときは、もっと気にかけて欲しいと考えるでしょう。

    付かず離れずの距離を保とうとする人は、完全に放置するつもりはないため、必要な時は自分から関わって行くと、寂しさや不安は解消されます。しかし相手は、お互い自立した関係を望む人なので、接近した状態のままでいることは避けましょう。

    付かず離れずは恋愛関係を長続きさせるコツでもある


    恋愛で付かず離れずの距離を保つことを、寂しいと感じる人も多いでしょう。恋人といつも一緒に居たい、たくさん連絡を取りたい…。せっかく想い合って恋愛関係になったのだから、仲良くイチャイチャしていたいと考えるのは当然です。

    しかし長く付き合うためには、お互いの生活や価値観を尊重することが大切になります。つまり、付かず離れずの関係になることが長続きカップルになるためのコツなのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)