離婚する夢を見た!夢占いでの意味をシチュエーション別に徹底解説!

  • 状況別!夢占いで離婚する夢の意味《パート②》

    離婚する夢と一口に行っても、夢の中のシチュエーションはさまざまでしょう。引き続き、離婚する夢の状況による夢占いをご紹介します。

    離婚話を切り出す夢


    離婚話を切り出す夢は、実際に結婚生活に不満を持っている心理状態を意味しています。また、不満があるだけでなく、真剣に離婚したいと考えている時も、自ら離婚話を切り出す夢になるのが特徴です。

    離婚話を切り出す夢は、自立心の高まりを示唆している場合もあります。夢の中で離婚話を切りだして、すっきりした気分になったとしたら、実際に離婚に至ることもあるでしょう。

    離婚したくてもできない夢


    離婚したくてもできない夢は、実際に結婚している人が見る夢です。これは、現実の結婚生活に息苦しさを感じていることを表しているのかもしれません。

    また、現実にはそれほど不満を抱いているわけではないのに、離婚したくてもできない夢を見た場合は、これから結婚生活に不自由さを感じるようになるという暗示の可能性も。何かにつけて自分の意見が通らないことが多い場合、そのイライラが反映されて、離婚したくてもできない夢となって出てくることがあります。

    離婚して後悔している夢


    離婚をしたことを後悔している夢は、現状に不満があっても安易に離婚するのではなく、相手との関係を修復するよう示唆しているのかもしれません。

    そもそも離婚したことを後悔するのは、相手のことを深く愛しているからでしょう。今、相手に対して何か不満を抱いているとしたら、意識して相手の良いところを見つめましょう。そうすることで、相手との関係をよくしなさいと夢が警告しているのかもしれません。

    実際に離婚して後悔する前に、夢からの警告を大事にし、現状をしっかり見つめ直しましょう。

    他人の離婚トラブルに巻き込まれる夢


    他人の離婚トラブルに巻き込まれる夢は、自分自身の日常生活に混乱が起きることを暗示しています。仕事でトラブルに見舞われたり、職場や家庭など、身近な人との間で人間関係がこじれる可能性も。

    予期せぬトラブルに巻き込まれても、冷静に対処しましょうという暗示なのかもしれません。