離婚する夢を見た!夢占いでの意味をシチュエーション別に徹底解説!

  • 離婚する夢の意味は?夢占いはどう見る?

    果たして夢占いは当たるのかというのは、誰もが抱く疑問でしょう。そして次に気になるのが離婚する夢の意味ではないでしょうか。ここでは、夢占いにおいて、離婚する夢にどのような意味があるのかを探ってみます。

    相手と一緒にいたい


    離婚する夢の全体的な意味は、結婚している女性であれば、旦那さんと一緒にいたい、あるいは旦那さんを愛したいという意味になります。男性なら、その逆になるといわれています。

    また、将来結婚したいと考えている彼氏、彼女がいる場合も同じ意味になります。ただ、離婚する夢の内容によっては、微妙に意味が異なってくるでしょう。

    とはいえ離婚する夢には、相手と一緒にいたい、これからもずっと愛していきたいという意味があるというのが基本になるといわれています。

    不安の表れ


    離婚する夢は、相手と一緒にいたい、愛したいという気持ちの表れだとされていますが、さらに分類すると、不安と自立の2つになると言われています。

    そもそも、離婚するという夢は2人が別れることを連想させますよね。「相手と一緒にいたい、愛していたい」という思いが非常に強い人が見やすい夢なのが特徴です。

    旦那さんや奥さんへの愛情が強いほど、別れることへの不安が大きくなるのは自然なこと。つまり、「旦那さん(あるいは奥さん)がいなくなったら、とても生きていけない」と感じるほど強い愛情を持っていると、その裏返しとして不安も大きくなるということです。

    この不安な心理状況が、離婚する夢の大きな意味と言っていいでしょう。

    自立の表れ


    離婚する夢は大まかに言って2つの意味に分けられます。ひとつが不安。もう1つは自立です。強い愛情を抱くあまり、相手を失う不安を抱く一方で、離婚を機に相手に対する依存から抜け出す意味があるとされます。

    そう考えると、旦那さんや奥さんを失ったらどうしようと不安に感じる場合と、相手から離れる自立を意味する場合では、まさに両極端。どちらを暗示しているのかを考える必要があるのが、離婚する夢と言えるでしょう。

    成長や脱却


    離婚する夢には、成長や脱却という意味があるともされます。これは、まだ結婚していないにもかかわらず、離婚する夢を見た場合に当てはまることが多いようです。

    未婚者にとっては、これからの成長や、今の状態からの脱却を暗示しているのが、離婚する夢になるのかもしれません。