LINEの間違い電話が恋の始まり!?アプローチ方法や注意点を解説

  • 間違い電話以外も!LINEを使ったアプローチ方法

    LINEを使ったアプローチ方法は、間違い電話だけではありません。間違い電話をする勇気はないけどLINEでアプローチしたいという方に、間違い電話以外のアプローチ方法をご紹介します。

    タイムラインに意味深な投稿をしてみる


    LINEは、トークや通話ができるだけではありません。タイムラインに、近況報告や写真をアップすることで、LINEの友達に発信することができます。そのため、好きな人とあなたがLINEの友達なら、当然タイムラインへの投稿を見られるはずです。

    そこで、タイムラインに少し意味ありげな投稿をしてみましょう。それに対して相手からアクションがあれば、あなたのことを気にしている証拠です。また、もし気にしていなかったとしても、タイムラインを見ているときにあなたの投稿が目に入るだけで、あなたのことを思い出すかもしれません。

    グループ通話をしてみる


    好きな人と個人LINEをしたり電話をするのは、とても楽しいことですが勇気も要りますよね。また、まだ2人で電話するほど距離を縮められていないという方もいるでしょう。

    そんな方におすすめなのが、グループ通話です。もし好きな人を含めた友人グループがあった場合、グループ通話を提案してみましょう。みんなと一緒に電話すれば、緊張も和らぎ、自然と好きな人と会話することができますよ。

    グループ通話で直接話すことに慣れてから、2人で電話するようにできたらいいですね。

    LINEのやりとりの頻度は相手に合わせる


    LINEを使ったアプローチ方法で重要なのは、LINEのやりとりの頻度です。LINEのやりとりの頻度は人によって全く異なります。常にLINEのやりとりをしていても平気な人もいれば、そんなにたくさんやりとりをするのは苦手という人もいるのです。

    そのため、高い頻度でLINEのやりとりをしたい人に対して何時間も返信をしないと、相手は待ちくたびれてしまいます。また、LINEのやりとりは高い頻度でしたくないという方にしつこくLINEを送っても嫌がられてしまうのです。

    そこで、好きな人とLINEのやりとりを始めたら、相手はどのくらいの頻度で返信をしてくれるのか、よく観察しましょう。そして、LINEのやりとりの頻度は相手に合わせるようにしてください。頻度を合わせることで、相手もあなたと楽しくLINEのやりとりを続けることができ、アプローチの効果が出てきます。

    夜は未読スルーで終わらせる


    好きな人にアプローチするには、LINEのやりとりをできるだけ続けることがポイントです。しかし、夜寝るときにLINEが終わってしまうと、次にいつLINEを送ればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

    そこで、せっかく夜まで続いたLINEのやりとりを終わらせないために、夜のLINEはあなたの未読スルーで終わらせてください。そして翌朝、「昨日はごめんね、寝ちゃってた」などのLINEを送れば、また自然とやりとりが始められます。

    絵文字やスタンプを使う


    好きな人とのLINEは、なるべく楽しみたいものです。そこで、文章に適度に絵文字を入れるなどして、楽しい雰囲気を作り出しましょう。

    また、LINEには相手とのトークをより楽しくするためのツールとして「スタンプ」という機能があります。トークにスタンプを交えながらやりとりすることで、自分も相手も楽しむことができますよ。

    スタンプには数多くの種類がありますので、自分のお気に入りスタンプをダウンロードして使ってみましょう。相手とLINEのやりとりで仲良くなったら、おもしろいスタンプなどを送り合っても盛り上がることができますよ。

    思い切って食事に誘う


    LINEは、好きな人にアプローチするためにとても便利なツールです。しかし、実際の思いを伝えたり、相手の気持ちが伝わるのはやはり直接会うことでしょう。LINEのやりとりが盛り上がって、2人の距離が縮まってきたら、思い切って食事に誘ってみてください。

    付き合う前に、しかもLINEで食事に誘うなんて緊張してしまうという方も多いでしょう。しかし、LINEで食事に誘うのはそれほど難しいことではありません。

    例えば、食事に誘う前に、好きな食べ物や最近話題のお店の話をしてみましょう。そこに相手がのってきたら、「じゃあ今度美味しい○○食べに行こう!」「そのお店、今度一緒に行ってみようよ!」と誘うのです。この方法なら、自然に食事に誘うことができます。

    LINEでのアプローチの次のステップは、直接アプローチですよ!勇気を出して誘ってみましょう。