LINEの間違い電話が恋の始まり!?アプローチ方法や注意点を解説

  • LINEでわざと間違い電話をするときの注意点

    まずは間違い電話をする人の心理をご紹介しましたが、好きな人にわざと間違い電話をしてみようかなと考えた方もいるのではないでしょうか?

    LINEでわざと間違い電話をするときは、いくつかの注意点があります。この注意点を頭に留めておかないと、わざとした間違い電話が裏目に出て嫌われてしまうこともあるので、きちんとチェックしてください。

    間違い電話するタイミングは重要


    間違い電話は、どんなときにかけてもいいわけではありません。タイミングを間違えると、せっかく勇気を出してわざとした間違い電話も無意味なものになってしまいます。

    ベストタイミングで間違い電話をかけるために、まずは相手の生活リズムを知りましょう。何時ごろから仕事なのか、どの時間帯に携帯を見ることが多いかなどを知っておくことで、間違い電話をするタイミングが計りやすくなります。

    おすすめは、相手が仕事をしていて電話に出られないタイミングです。間違い電話をして相手が出た場合、その場ですぐに「間違えちゃった」という演技をしなくてはなりません。しかし、相手が出られないタイミングでかけて、後から間違えたと言うのは、その場ですぐ言うよりも簡単です。

    ただし、相手がとても重要な仕事の最中や会議中は、携帯が鳴ること自体迷惑になるのでやめましょう。

    時間帯には気をつける


    LINEでわざと間違い電話をするとき、どんなにタイミングがよかったとしても、深夜や早朝など非常識な時間帯に電話するのはやめましょう。

    たとえ、間違い電話だから相手が寝ていて出なくてもいいと思っても、あなたの間違い電話で相手は目を覚ましてしまうかもしれません。そして起きて出て間違い電話と言われたら、あまりいい気分はしませんよね。

    そのため、間違い電話をかけるタイミングと同時に時間帯にも注意するようにしましょう。

    謝罪するのも忘れない


    わざととはいえ間違い電話をしたのですから、謝罪の言葉は必須です。仮に間違い電話がきっかけでLINEのやりとりが続くようになったとしても、やりとりの前に間違い電話したことを謝罪しましょう。

    謝罪の言葉がないまま連絡をとり続けると、「連絡をとるためにわざと間違い電話をしたのかな?」と感づかれてしまう可能性があります。好きな人にわざと間違い電話をすることに理解がある人もいるかもしれませんが、「そんなあざといことするんだ」と悪い印象を与えてしまうことも多いでしょう。

    後者を避けるためにも、まずは間違い電話をしたことに対して謝罪の言葉を伝えてください。

    何度も間違い電話をしすぎない


    最初の間違い電話で相手とやりとりをするきっかけ作りに成功しても、その後何度も間違い電話をしてはいけません。そのうち、相手にわざと間違い電話をしているということがバレてしまうでしょう。すると、先ほども伝えたように悪い印象を与えてしまう可能性があります。

    もし再びわざと間違い電話をするにしても、1回目からは時間を置いた方が良いでしょう。また間違い電話の回数も、せいぜい2回くらいに留めておくことをおすすめします。