LINEの間違い電話が恋の始まり!?アプローチ方法や注意点を解説

  • そもそも間違い電話をしてしまう心理とは?

    間違い電話をする人は、一体どのような心理でしてしまうのでしょうか?

    単に電話する相手を間違えた


    LINEで電話をするときは、相手のアイコンや名前が画面に表示されます。そのため、間違えるはずがないと考える方も多いでしょう。しかし、何らかの理由で、本当に電話する相手を間違える人もいるのです。

    まず考えられるのが、携帯の画面が洋服のポケットやカバンの中で知らぬ間に触れてしまい、偶然にもLINEの発信ボタンをタップしてしまったパターンです。本人も間違い電話をしてしまったことに気づかず、相手からの折り返しメッセージで気づくことが多いでしょう。

    そしてもう一つ考えられるのが、電話をかけるときにきちんと画面を見ていなかったというケースです。何か他の作業をしながら画面操作をしていたなどで、電話をする相手をきちんと確認しないまま電話をかけてしまったのでしょう。

    この2つのパターンの場合は、間違い電話をしにくいLINEでも、本当に間違い電話をしてしまうことがあります。

    相手のプロフィールページを見ていた


    LINEでは、アカウントのアイコンをタップすると相手のプロフィールページを見ることができます。そして、プロフィールページのアイコンのすぐ下には、「トーク」「無料通話」「ビデオ通話」の3つのボタンがあります。

    相手のプロフィールページを見ているとき、誤って「無料通話」を押してしまうと、間違い電話してしまうことになります。

    LINEのきっかけ作り


    好きな人とのLINEのきっかけ作りとして、わざと間違い電話をする人もいます。間違い電話をすることでLINEのやりとりを始める口実を作るのです。

    冒頭でお伝えしたとおり、普通にLINEをするのが恥ずかしかったり、LINEをするきっかけがない人がやりがちな間違い電話といえます。

    相手の気持ちを試そうとしている


    好きな人の気持ちがよくわからなかったり、曖昧な関係が続いている場合、相手の気持ちを試そうとしてわざと間違い電話をする人もいます。

    もし、異性と喧嘩してしまったり、微妙な雰囲気になっているときに間違い電話がかかってきた場合、その相手はあなたに好意がある可能性が高いでしょう。間違い電話をすることで、相手がどんな反応をするのかを見ているのです。