青が好きな人の性格・恋愛・適職を徹底解説!青の心理効果についても

  • 青が好きな人の適職はコレ!

    青が好きな人に適している職業としては、ファッション関係の仕事や経営者のほか、税理士、研究者などが挙げられます。 青が好きな人は、人からどう見られるかを意識するタイプであるため、どのような見せ方をしたらよく見られるかをよく知っています。

    また、数字が好きだったり、最後までやり抜く努力家だったりするため、そのような性格を活かせる仕事にも向いているでしょう。 それでは、青が好きな人に向いている職業を紹介していきます。

    税理士


    数字に強く、地道に計算することを苦に感じない青色好きにとって、税理士はやりがいを感じることのできる職業と言っても過言ではありません。

    数学のように正しい答えが導き出されることが好きで、単純作業の繰り返しといった地道な作業をこなすこともできるという特徴は、税理士の仕事のひとつである計算しながら問題点を探したり、問題が起きた原因を探ったりすることに繋がっています。

    また、導き出された数字からクライアントの経営状況などを知り、冷静かつ的確にアドバイスするといった仕事もあります。そのため、クールで落ち着いた雰囲気の青色好きに向いている職業だと言えるでしょう。

    教師


    教師の仕事は、人に勉強を教えるのはもちろんのこと、常に冷静な態度で、どの生徒に対しても平等に接する必要がありますよね。

    そのような仕事にも、青好きの人は向いているでしょう。青が好きな人は、冷静で自分の心をコントロールできる人が多いので、生徒の言動にいちいち感情的になることはありません。

    また、青好きの人は真面目で正義感あふれる性格をしています。そのため、生徒に根気よく授業をしたり、人として正しいことを教えたりする教師の仕事は、青が好きな人に向いている職業といえるでしょう。

    ファッション関係の仕事


    青が好きな人に向いている職業として、ファッション関係の仕事があげられます。ファッション関係の仕事といっても、デザイナーやパタンナー、スタイリストにアパレル店員、バイヤーなど様々です。

    人に見られることを意識し、どのようにしたら人によく見られるかを研究している青色好きにとって、その人に合う服をイメージしてコーディネートすることなどたやすいもの。

    ターゲットの年齢層や好みに合いそうな洋服をデザインしたり、仕入れたり、お客さんが興味を持つようなディスプレイをするといった仕事にも力を発揮することでしょう。

    ただし、会話するのが苦手な青色好きの人は、販売の仕事は苦に感じる可能性があるので注意が必要です。

    銀行員


    1円の間違いも許されないシビアな職場が銀行です。この「きっちり感」を好む青色好きさんは多いでしょう。数字を正確に数えたり、間違いを正したり、金額が合っているか確認したりするのが性に合っているという人がたくさんいるのではないでしょうか。

    また、黙々と作業することにやりがいを感じる点でも、銀行員は青が好きな人に向いている職業。人からどのように見られるか気になるといった点や見栄を張りたいという性格からしても、銀行員は地位を確立できるので適職といえるでしょう。

    研究者


    諦めずに最後までやり通す青が好きな人にとって、研究者という仕事もおすすめの職業です。 研究というものは、すぐに何らかの答えが出たり発見できたりするわけではありません。

    何度も挑戦したり失敗したりを繰り返していく中で、結果を出していくものです。 やってみなければ、どのような結果になるのか分からないのが研究ですから、途中でくじけたり諦めたりしない青が好きな人におすすめの職業といえるでしょう。

    企業経営者や幹部


    青が好きな人の特徴である冷静さや最後まで諦めずに努力する性格は、企業の経営者として力を発揮することでしょう。 常にクールで、計画的に物事を進めたり、予定外のことが起きても動じることなく対応したりすることができます。

    また、感情のままに行動することなく、誰に対しても偏見の目を持たず平等に接するので、多くの人から信頼されることでしょう。

    また、青が好きな人は経営者の右腕としても活躍することができます。経営者となると、人前に出ることが多くなりますが、経営者の右腕ならば、経営者ほど矢面に立たされることはありません。 冷静な判断力や分析力を発揮して、経営者を支える心強い存在となるのです。