気持ちいい体位「駅弁」のやり方は?メリットからコツまで徹底解説!

男性が女性を完全に持ち上げることから、難しそうという印象を持たれることも多い駅弁という体位。しかし、ちゃんとやり方を知れば、危ない体位ではありません。駅弁体位でしか味わえない魅力もあります。やり方からコツ、体験談まで駅弁体位の魅力を余さずご紹介します。

  • 「駅弁」の特徴と由来を紹介!

    セックスの体位の中でもややマイナーなものの1つに「駅弁」があります。

    「駅弁」は男性が女性を完全に抱え上げる、見た目のインパクトの強い体位です。アダルトビデオや漫画などで見たことがある、という人も多いのではないでしょうか。

    ですが、自分でやるには力がいりそう、バランスを取るのが難しそう、そんな印象も強いと思います。

    けれど、上手くできるととても気持ち良くて、密着感もばっちり、何より他の体位とは違うところが多くて新鮮。そんな駅弁体位の魅力を、たっぷり紹介していきます。

    「駅弁」の意味とは?


    「駅弁」とは、男女が向き合った状態で、立ったまま男性が女性の脚を肩に引っ掛け、抱え上げて挿入するという体位です。

    もちろん普段の生活で「駅弁」という言葉を聞いたら、電車で食べるために駅のホームなどで売っているお弁当のことを思い浮かべるでしょう。

    セックスでの駅弁体位という呼び名もその「駅弁」から、もっと詳しく言うと電車の乗客に駅弁を販売する「駅弁売り」の姿から来ています。

    「駅弁」という名前の由来は?


    現代の駅弁は、小さな店舗やカートなどで売っていることがほとんどですよね。

    しかし昔は、駅弁売りと呼ばれる人達が肩から大きな箱を下げて、その中に駅弁を入れ、ホームを歩き回りながら売っていました。

    その駅弁売りの様子と、男性が女性の足を肩に引っ掛けて抱え上げるシルエットがよく似ているので、この体位を「駅弁」と呼ぶようになったそうです。
  • 基礎から解説!駅弁体位のやり方

    ここでは挿入するときの最初の体位から「駅弁」でする時の方法についてご説明します。

    最初から駅弁でスタートするセックスは、特に腕力に自信のある男性にオススメです。

    他の体位から切り替える方がやりやすいという場合もありますので、騎乗位や正上位などからの移行方法についても後ほどご紹介させていただきます。

    向かい合わせに立つor座る


    まず、男女共に立った状態、もしくは女性が椅子などに腰掛けた状態で向かい合います。このときズボンや下着などは挿入しやすいように脱いでおきましょう。

    駅弁は両手がふさがった状態で挿入することになるので、コスチュームプレイと同時にやるとしても下着の着用はオススメしません。スカートも短めの方がやりやすいです。

    逆に上半身は、裸だと汗をかいた時に手が滑ることもあるので、シャツなどを着たままのセックスがオススメです。

    男性が女性の脚を持ち上げる


    立ったままの場合は男性がやや屈み、女性が男性の肩から腕の部分に脚を引っ掛けます。

    このとき女性のお尻を両手で、もしくはお尻と背中を片手ずつ使って支えると、身体を安定させて脚を持ち上げやすく、女性の不安を減らせるでしょう。

    女性が座った状態のときは男性が椅子の座面近くに肩が来るようにしゃがみ、女性に脚を乗せてもらうといいでしょう。立ち上がるのに力がいりますが、脚を引っ掛けるときにバランスを崩しにくくなります。

    また、肩に膝を引っ掛けるようにするとかなり安定しますが、女性の体の位置が高くなりすぎてしまうことが多いでしょう。そのため、男性の二の腕から肘の間に女性の膝が来るようにすると良いでしょう。

    男性が女性を抱えて立ち上がる


    女性が脚を掛けて体勢が安定したら、男性は女性の背中か腰を手で支えつつ、真っ直ぐに立った状態になります。

    立った状態で脚を引っ掛けたならば体を起こすだけですみますが、座った状態からだと男性が立ち上がる必要があります。

    平均的な体重の女性であっても、この体勢で抱えたまま立ち上がるのは大変な動作です。男性側が普段から鍛えているか、体格にかなりの差がないとかなり厳しいでしょう。

    先に上半身を真っ直ぐにし、腰ではなく脚の力を使って立ち上がるのがコツです。このとき、女性は男性の首に腕を回して密着すると、男性の負担がかなり減ります。

    膣とペニスの位置を確認して挿入


    基本的に駅弁という体位では、男女どちらも性器が見えない状態で挿入することが多くなります。

    女性の体をやや高めに抱き上げ、ペニスに向けて下ろしていく方が上手く挿入できるはず。逆に高さを合わせて、女性が脚の力を使って体を少し離して、見える状態で挿入することも可能です。

    どちらにしても、女性の体重を男性がしっかり支えた上で、女性が自分から誘導するようにするのがコツです。バランスが取れそうなら片手をペニスに添えて膣に角度を合わせるようにすると、上からでも前からでも挿入しやすくなります。