顔が小さい人の特徴ってなに?小顔の基準や顔を小さくする方法も紹介

どんな髪型も似合う、スタイルが良く見える、男性受けも抜群。顔が小さい人は、誰もが羨む魅力をいっぱい持っていますよね。今回は、そんな顔が小さい人について徹底解説。顔が小さい人の特徴や魅力、小顔を目指す方法にいたるまで、情報盛りだくさんでお伝えします。

  • 小顔の基準ってなに?

    TVでよく目にする女優さんやモデルさんは、びっくりするくらい顔が小さいですよね。

    顔が小さい人はスタイルがよく見えたり、目や鼻といった顔のパーツが強調されて可愛く見えるという特徴があります。そのため多くの女性が「小顔になりたい!」とマッサージをしたり、小顔グッズで顔を引き締める努力をしています。

    しかし、小顔の基準とは一体何なんでしょうか?どのくらいの顔の大きさなら、一般的に顔が小さい人だと思われるのでしょうか?今回は、小顔の基準や顔を小さくする方法にせまっていきましょう。

    7頭身以上=顔が小さい


    頭身が小顔の判断基準になることもあります。頭身とは、頭の先からつま先までの長さを、頭のサイズを基準にして測った比率のこと。たとえば6頭身なら、身長が頭6つ分ということです。

    日本人女性の平均頭身は6.9頭身とされています。そのため、平均頭身を上回る7頭身以上の人=顔が小さい人といわれることがあるのです。

    ちなみに数々の世界的ファッションショーで活躍したスーパーモデル、冨永愛さんは9頭身。女優としての活躍がめざましい菜々緒さんにいたっては、何と脅威の10頭身なんだとか。女優さんやモデルさんが、いかに異次元の小顔の持ち主であるかが理解できちゃいますね。

    女性の顔の大きさの平均


    日本人女性の顔の平均サイズは縦が21.8、横が15.3センチと言われています。A5サイズのノートが縦21センチ、横15センチですから、若干ノートからはみ出るくらいの大きさです。そのため日本人女性の顔の平均サイズに近いA5サイズのノートが、小顔がどうかを判別するツールになるんです。

    当たり前ですが、日本人女性の顔の平均サイズを下回れば下回るほど、より小顔であるといえます。

    たとえば女優・モデルの桐谷美玲さんの顔のサイズは、縦18.5センチ、横12センチです。実際にメジャーでそのサイズを測ってみると、桐谷さんが恐ろしく顔が小さい人であることがわかるでしょう。数字にしてみると、さすが芸能人は一般人とは違う顔の大きさをしていますね。

    男性の顔の大きさの平均


    男性の顔の大きさの平均も見ていきましょう。男性の場合は縦が23.2センチ、横が16.1センチが平均サイズといわれています。

    男性は女性よりも骨格がしっかりしているという、体格的特徴を持っています。そのため、必然的に女性よりもサイズが大きめです。しかし中には男性なのに女性よりも顔が小さい、小顔男子が存在します。

    たとえば俳優の向井理さん。映画やドラマに出演した際、「共演する女優さんよりも顔が小さい!」とたびたび話題に。女優さんは一般人よりも顔が小さい人が多いです。その女優さんよりも明らかに顔が小さいんですから、本当にびっくりしちゃいます。