深イキと浅イキはどう違う!?セックスで深イキする方法を伝授!

浅イキよりかなり気持ちいいといわれている深イキ。体験してみたいけれど、なかなか深イキできないという女性は多いのではないでしょうか。この記事では、深イキするための具体的な方法を紹介していきます。深イキできるようになりたい女性は、ぜひ参考にしてみてください。

  • そもそも「深イキ」ってなに?

    「深イキ」という言葉を聞いたことはありますか?女性のイキ方には、浅イキと深イキの2つがあり、深イキは浅イキの何倍も気持ちいいといわれています。

    しかし、浅イキは比較的簡単にできるのに比べて、深イキするのはコツを掴むまでは難しく、練習が必要です。セックスで深イキできるようになるためには、まず深イキする感覚を体に覚えさせなければなりません。

    そこで、深イキするためのカラダ作りから、オナニーで深イキの練習をする方法やセックスで深イキする方法まで、具体的に紹介していきます。
  • 深イキの特徴

    1度深イキを経験したら、オナニーやセックスでも深イキしないと満足できなくなるとよくいいます。しかし、まだ深イキを体験したことがない女性にとっては、全く想像のつかない未知の世界ですよね。

    そんなに気持ちいい深イキって一体どんなものなのでしょう。ものすごい快感だと言われても、そんなフワっとした説明では、深イキ未経験の女性にはいまいちピンとこないはず。

    そこで、「深イキがどんなものなのかいまいち分からない」という女性のために、その感覚を想像しやすいよう、深イキの分かりやすい特徴をいくつか挙げていきます。

    イッた後、しばらく体が動かせない


    深イキした後は、あまりの気持ちよさに頭がぼーっとして体を動かせなくなります。指先を動かすことすら億劫に感じるほど、全身で快感に浸ってしまうのです。

    自分の体を支えていることすらも辛くなるので、立ちバックなどの体位でセックスをしている場合は、パートナーにしっかり支えてもらうようにしましょう。

    イッた後も快感が持続する


    浅イキを、快感の頂点からジェットコースターのように急降下するような感覚だとすると、深イキの感覚は頂点から緩やかに少しずつ落ち着いていくイメージです。

    深イキをした後は、快感がすぐに冷めるということはなくしばらく続きます。イッた余韻に浸っている間もずっと気持ちいいなんて、ぜひ体験してみたいですよね。

    子宮の奥からジワジワと快感が広がる


    深イキするときは、膣内だけが気持ちいいわけではありません。深イキの快感を言葉にして例えるなら、「子宮の奥を中心に快感が全身にジワジワと広がっていく」という感覚。

    そのため、深くイッた後は全身が性感帯になったかのように、どこを触られても気持ちいいという女性もいるようです。

    イッた後にどっと汗をかく


    深イキすると、激しいセックスをしていなくても、心臓がバクバクして激しい運動をした後のように息切れし、大量に汗をかきます。

    そのため、正常位のような女性側がほとんど動かない体位でセックスしていても、信じられないほどの脱力感と疲労を感じるのです。