愛のあるセックスと愛のないセックスは違う?特徴&体験談を紹介!

愛のあるセックスとそうでないセックスは何が違うの…?そんな悩みを持つ男女に、愛のあるセックスとそうでないセックスの特徴をお届けします。自分が愛されていると強く実感できないのは、あなたが愛のあるセックスをしていないからです。セックスを自分なりに見直しましょう。

  • 愛のあるセックスと愛のないセックスの違いは?

    誰だってセックスをするなら心から「気持ちいい」と感じたいもの。しかしすべての人間が、心から気持ちいいと感じられるセックスができるわけではありません。

    心から満足の行くセックスをするには、互いへの愛情がカギといえるでしょう。

    愛がなくてもセックスは出来る


    セックスはただ行うだけなら、愛がなくてもできる行為です。実際にただセックスだけを目的に行う男女もいますし、快感を得るだけに求める人もいます。そのため愛がなくてもセックスは成り立つものです。

    しかし世の中にはセックスに対して愛を求める人もいます。また基本的に愛のあるセックスの方が、人の心は満たされやすいといえるでしょう。思いやりや気遣いが見られるので、心身共に満足の行くセックスができるからです。

    逆に愛のないセックスは、体は満たされても心が満たされないことが多いといえます。

    愛があった方が気持ちいい!


    愛のあるセックスとそうでないセックスなら、どちらが気持ちいいのか。これはやはり愛のあるセックスの方が断然気持ちいいものといえます。互いに満たされるようなセックスができるので、愛があるセックスの方が心身ともに満足することができるのです。

    逆に愛のないセックスは、他人を顧みない身勝手なセックスといえます。相手のことなど考えず、自分が気持ちよくなることだけを考える。そうやって動かれてしまえば、当然相手は不満を感じるだけでなく、不完全燃焼で終わってしまうでしょう。

    これでは得られる快感も制限されるため、気持ちいいセックスとはとてもいえません。自身だけでなく相手も満足できるセックスができないと、関係にも亀裂が生まれるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)