彼氏とすれ違いが起きる原因は?すれ違いを悪化させるNG行動も紹介

  • 彼氏とすれ違いが起きたら?対処法

    では、実際に彼氏とすれ違いが起きてしまった時にはどう対処すべきなのでしょうか?

    彼氏と自分の間に溝ができた時は、様々な対処法を活用してうまく危機を乗り越えていきましょう。

    恋人に感謝の気持ちを伝える


    彼氏とすれ違いが起きた時こそ、感謝の気持ちを伝えるべきです。「いつもありがとう」「面倒くさがらずに向き合ってくれてありがとう」という感謝の気持ちが、お互いの怒りや不満を鎮めてくれます。

    「すれ違いをなくす方法」でも述べましたが、すれ違いが起きている時は相手の欠点に目を向けがちです。そのまま話し合いをしても、喧嘩は大きくなり溝を深めてしまうだけですよね。

    だからこそ、「ありがとう」が必要な時です。不満に思う事が多々あったとしても、良いところや好きなところがあるから付き合っているはずです。そこに目を向けて、まずは感謝の気持ちを伝えてみましょう。すると、お互いに冷静な気持ちに戻れます。

    距離を置いてみる


    場合によっては、お互いに感情的になる場面もあるでしょう。そんな時は、無理に話し合おうとはせず、一度距離を置いてみること。今の二人には、冷静になる時間が必要です。

    彼氏とすれ違いが起きた時、多くの人は「分かってもらいたい」と自分の意見を伝えようとします。しかし、すれ違いが起きているということは、相手とは違う考えを持っているということ。感情的になっているときにその意見を伝えても、衝突するだけですよね。

    その場で話し合うことがかえって逆効果になる時もあります。冷静さを取り戻すためにも、彼氏と離れてみましょう。

    相手の立場になってみる


    相手の立場になって考えることも大切です。すれ違いが起きて彼氏と距離を置いたら、「自分が彼氏だったらどう感じるか」も考えてみるべきでしょう。

    きっと、相手の立場になって考えた時、今とは違った捉え方ができるはずです。「こう思ったのかな?」「誤解されるのも当然かも」と気付けるかもしれませんよね。すると、自分の主張だけが正しいわけではないことにも気付けます。

    すれ違いが起きた時は、ぜひ彼氏の立場になって考えてみてください。彼氏の言ってること、思うことが納得出来るようになるでしょう。

    彼氏にどう伝わっているか確認する


    相手の立場になって考えることができたら、次は自分の主張がどう伝わっているかを確認しましょう。もしかしたら、彼氏はあなたのことを誤解しているかもしれません。捉え方の違いによって、意見のすれ違いが起きている可能性もありますよね。

    「私が言ったこと、どう捉えてる?」「私がどう考えてると思ってる?」と、彼氏に聞いてみると良いでしょう。そこで「○○でしょ?」と彼氏が自分の考えと違う解釈をしていることがわかったら、しっかり訂正することです。

    人の考えは目で見えないため、時に誤解が生まれてしまいます。そこからすれ違いが起きてしまうことも多いもの。二人の解釈の違いによってすれ違いが起きているとしたら、少しもったいなくも感じませんか?何がどう伝わっているかを確認し、誤解から生まれるすれ違いを解消していきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)