おみくじ「縁談」の意味は?恋愛・結婚との違いから参拝作法まで解説

結婚を考えている人は、おみくじの「縁談」の項目が気になるでしょう。おみくじは、吉凶より内容が大事。おみくじの内容を意識して行動すれば、縁談も良い方向に進むはずです。ここでは、おみくじの「縁談」の意味とともに、おみくじの引き方や取り扱い方をお伝えしてしきます。

  • おみくじの「縁談」の意味とは

    神社を参拝すると、多くの人がおみくじを引きますよね。おみくじには、大吉や凶などの吉凶だけではなく、項目別に細かく運勢が書かれています。特に、結婚を意識している人は、おみくじの「縁談」の項目が気になるのではないでしょうか?

    ですが、おみくじには「恋愛」や「待ち人」など「縁談」に似たような項目がありますよね。そのため、「違いがよく分からない!」と思う人もいるかも。そもそも、おみくじの「縁談」にはどのような意味があるのでしょうか?

    おみくじの「縁談」は、結婚や結婚相手に関する事柄


    おみくじの「縁談」という項目には、結婚や結婚相手との出会いにまつわることが書かれています。もともと縁談と言えば、仲人が結婚に向けて男女を対面させるお見合いが一般的でした。しかし、今では恋愛結婚が多いので、昔ながらのお見合いをする人は少なくなっていますよね。

    でも、友達との合コンや結婚相談所の紹介などで、結婚相手と出会うことはあります。したがって、おみくじの「縁談」は、お見合いに限らず、周りの人から紹介してもらうような出会い全般に関すること、と思っておきましょう。

    おみくじで大事なのは、吉凶よりも内容


    おみくじと言えば、一番気になるのが「大吉」や「凶」などの吉凶でしょう。ですが、内容をじっくり読んでみると、大吉なのに悪いことが書かれていたり、凶でもとても良いことが書かれているなんてことがありますよね。

    おみくじは吉凶を占うものですが、それ以上に内容が大事だと言われています。おみくじは、いわば神様からのメッセージです。内容をしっかり読んで理解し、それを生活に活かしていくことが大切なんです。

    もちろん、縁談についても参考になることが書いてあるでしょう。たとえ内容が悪かったとしても、それを意識して行動すれば、きっといい方向に縁談が進むはず。吉凶だけに惑わされず、おみくじの内容のほうを意識して読みましょう。
  • おみくじを引く時のマナー

    神社を訪れて、何気なくおみくじを引いている人も多いでしょう。もしかしたら、そのおみくじの引き方は間違っているかもしれません。実は、おみくじを引く時にもマナーがあるんです。せっかくのおみくじ、マナーに沿って引いてみませんか?

    穢れを落とし参拝した後に引く


    神社を訪れたら、「すぐにおみくじを引きたい!」という人もいるかもしれませんね。でも、神社の中にある手水舎(てみずしゃ)で手や口を清めて穢れを落とし、参拝した後におみくじを引くのが正しいんです。参拝する前におみくじを引いたり、おみくじだけを引きに行くのは良くありません。

    おみくじは、神様から自分へのメッセージです。そう考えると、神様へ挨拶もなしに、すぐにおみくじを引くのはためらわれますよね。まずは神様に挨拶してから、おみくじを引くようにしましょう。

    おみくじは運試しではない


    おみくじの結果が悪かったら、何回も引き直したくなるかもしれません。特に大事なことの前に引いたのなら、いい結果を出したいという気持ちも分かります。ですが、おみくじは運試しではありません。何回も引いて大吉を出せばいいというワケではないんです。

    おみくじは書いてある内容を生活に活かすことが大切。おみくじを引き直すこと自体はOKですが、おみくじの意味を考えると、1日に何回も引くことはあまり良くないと言えます。吉凶だけに惑わされず、内容をしっかり読むようにしましょうね。

    おみくじは気持ちを落ち着けて祈りながら引く


    友達と「ワーワー」「キャーキャー」と楽しみながら、おみくじを引く人もいるかもしれませんね。ですが、おみくじは気持ちを落ち着かせて、神様に祈ることが大切なんです。

    神様は心で祈ったことを聞いてくれると言われています。そのため、具体的なお願いや質問をしながら引いたほうがいいようです。縁談に迷いがあるのなら「この縁談は進めてもいいのでしょうか?」と心の中で質問しながら、おみくじを引いたらいいですね。

    古いおみくじは神社に返納する


    今まで引いたおみくじを、ずっと自宅で保管している人もいるかもしれません。ですが、新たにおみくじを引くと、その新しいほうに運気が変わると言われています。

    そのため、おみくじを引く予定があるのなら、古いおみくじは神社に返納するのが一番。神社にある御札やお守りを入れる奉納所にお返ししたり、おみくじ掛けなどに結んだりして、古いおみくじをいつまでも持っておかないようにしましょう。

    また、家のゴミ箱に、古いおみくじを無造作に捨てるのは良くありません。どうしも家でおみくじを捨てたい時は、塩でお清めしてから捨ててください。袋などにおみくじと塩を入れて、感謝しながら捨てるようにしましょうね。