我慢汁は勃起しなくても出る?妊娠するって本当?素朴な疑問を解説!

男性が性的に興奮したときにペニスから出てくる「我慢汁」。一体どういうものなのかご存じですか?この記事では、我慢汁の正体や役割をはじめ、我慢汁に関する素朴な疑問を徹底解説。我慢汁は勃起しなくても出るのか、我慢汁で妊娠するという噂は本当なのかについてもお伝えします。

  • 我慢汁ってどういうもの?

    セックスをするときに男性のペニスからあふれ出てくる「我慢汁」。我慢汁が出ていると、自分とのセックスに興奮してくれているのが分かるので、女性としてはなんだかうれしい気持ちになりますよね。

    そんな我慢汁ですが、名前を聞いたり実際に見たりしたことはあっても、一体どういうものなのか、その実態が分からないという女性も多いのではないでしょうか。

    この記事では、我慢汁に関する素朴な疑問を徹底解説。我慢汁は勃起しなくても出るのか、また、我慢汁で妊娠するという噂は本当なのかについてもお伝えします。

    我慢汁とは


    我慢汁とは、ペニスの先端から出るアルカリ性の液体のことをいいます。無色透明のヌルヌルした触感の液体で、男性が性的に興奮したときに前立腺の近くにあるカウパー腺から分泌されます。

    我慢汁は、女性の愛液のように性的な興奮の高まりとともに無意識に出てくる液体なのです。

    「射精を我慢しているから我慢汁が出る」は間違い


    我慢汁は、その名前に「我慢」という言葉が付けられていることから、射精を我慢しているときに出る液体だと思っている人も少なくないでしょう。ですが、射精を我慢しているから我慢汁が出るというわけではありません。

    射精のときに出る精液と我慢汁は全くの別物。色や成分も違いますし、その役割や働きも異なるものです。我慢汁は男性が性的興奮を覚えたときに出る液体なので、我慢しているかどうかは全く関係ないといえるでしょう。

    正式名称は「カウパー腺液」


    我慢汁は前立腺の近くにあるカウパー腺という場所から分泌されるもので、正式名称を「カウパー腺液」といいます。

    カウパー腺は尿道球腺とも呼ばれているため、別名「尿道球腺液」と呼ばれる場合も。そのほか、「カウパー氏腺液」「クーパー腺液」などの呼び方もあります。