33歳独身女性のリアルな事情!結婚出来る人と出来ない人の違いは?

33歳の独身女性が婚活をすると、苦労することがけっこう多いのだそう。それもそのはず、婚活の現場では「33歳の壁」なるものが存在すると言われているのです。とはいえ、この壁を理解し前向きに考えることができれば、事態が好転するかもしれません。また、33歳からの婚活を成功させる秘訣についても知っておくことが大切です。

  • 33歳の独身女性ってどんな感じ?

    加齢を「とても悲しい現実」ととらえている女性は多いもの。そんな女性が年齢のことで焦りを見せ始めるのは「33歳」といわれています。

    33歳という年齢が女性にどう変化をもたらすのか、詳しくみていきましょう。

    同年代の友人知人に子持ちが増え始める


    33歳にもなると、周囲にいる同年代の友人知人に子持ちが増え始めます。自分は結婚すらしていないのに、同級生は子育てに追われていて、差を見せつけられているかのように感じる人もいます。まるで独身でいることがいけないことのように感じてしまうでしょう。

    また33歳になると、周囲の独身仲間も減っていきます。それぞれパートナーを見つけ、結婚へとステップアップするからです。仲間の中で自分一人だけが独身という状態になる場合もあり、余計に焦りを感じてしまうでしょう。

    女性にとって33歳とはまさに「結婚への焦り」を感じる時期といえるのです。

    出産に対する焦りがある


    女性にとって33歳という年齢は、結婚を焦る時期といえます。と同時に、出産への焦りも感じる時期なのです。そろそろ産んでおかないと高齢出産と呼ばれる年齢になってしまい、出産や子育ての負担が増える可能性もあるため、焦りを感じてしまうでしょう。

    また、友人達が同じ年代の子供を産んでいると、さらに出産に対する焦りが生まれます。出産が遅れることで、周りの子と自分の子の年齢や学年に差が開いてしまうと考えて、自然と結婚や出産に対する焦りも生まれてしまいます。

    その結果、本当は急ぐ必要などないのに、自らに「早く結婚するべきだ」という暗示をかけてしまうでしょう。