シングルファザーとの恋愛は難しい!?その理由や注意点を解説!

シングルファザーと恋愛したいけれど、難しいと思って躊躇していませんか?この記事では、シングルファザーとの恋愛が難しいと言われる理由や、付き合うときのメリット・デメリットを解説。シングルファザーへの正しいアプローチ方法もご紹介します。

  • シングルファザーを好きになる人は多い?

    「好きになった男性がシングルファザーで、子どもがいる人だった!」というような経験がある女性は、もしかしたらあなただけではないかもしれません。シングルファザーには一般的な独身男性とは違った独特の雰囲気や魅力があるため、恋愛感情を抱いてしまう女性は少なくないようです。

    この記事では、シングルファザーとの恋愛を考えている女性や、今まさに恋愛中の女性に向けて、シングルファザーとの恋愛が難しいと言われている理由や恋愛するときの注意点を解説。シングルファザーと恋愛するメリット・デメリットなどもお伝えします。

    そもそもシングルファザーとは


    シングルファザーとは、何らかの事情があって一人で子どもを育てている独身男性のことをいいます。離婚をして子どもを引き取った場合や奥さんと死別して一人親になった場合などが多いでしょう。

    シングルファザーが増加している?


    離婚の増加により、シングルマザーの存在が当たり前のようになった今、同じようにシングルファザーの数も急増しているといいます。男性と同じように女性が社会進出できるようになったことで、かつてのように男性が働き女性が家事や育児をするという構造が崩れ去り、男性が子育てに励むというケースも多くなってきたのです。

    とはいえ、シングルファザーへの認識や理解はシングルマザーほどではなく、恋愛や再婚に踏み出すための地盤が整っていないことがほとんどのようです。

    シングルファザーの恋愛事情


    シングルファザーももちろん恋愛がしたいと思っていますし、女性に恋愛感情を抱くこともあります。子どもに母親という存在を作ってあげたいという思いから再婚を希望する男性もいるでしょう。

    ですが、一度結婚で失敗している男性の場合、恋愛に臆病になってしまい、なかなか最初の一歩が踏み出せないことも。仕事や家事、子育てに追われて恋愛どころではないシングルファザーも多く、そもそも女性との出会い自体少ないというのが現状のようです。
  • シングルファザーとの恋愛が難しいといわれる理由

    一般的な独身男性との恋愛と比較すると、シングルファザーとの恋愛は難しいと思われることがほとんどでしょう。それにはシングルファザーならではの理由があるようです。

    仕事や子育てが忙しい


    子育て真っ只中のシングルファザーは、ちょうど働き盛りの年齢でもあるため仕事が忙しい場合が多いでしょう。それに加えて家事や子育てもしなければならないため、毎日が慌ただしく過ぎ去っていくのです。

    仕事が終わっても家事や子育てに時間をとられてしまうので、恋愛をする時間など到底とれないというシングルファザーは多いのではないでしょうか。恋愛につながるような良い出会いがあったとしても、日々の生活の忙しさから恋愛に発展させる気力が生まれないことがほとんどなのです。

    両親の反対や周囲の目


    シングルファザーが恋愛に躊躇してしまう理由として、両親の反対や周囲の目という問題があります。離婚をしてシングルファザーになった男性の場合、一度結婚に失敗していることから両親や周囲に対して負い目を感じていることがあるのです。

    シングルファザーの中には両親や周囲の人から家事や子育てのサポートをしてもらっている男性もいるでしょう。このような場合、手助けしてもらっている手前、恋愛をするのが後ろめたく感じることも。恋愛や再婚について遠回しに反対されている男性もいるかもしれません。周りの人たちにどう思われるか気になって恋愛に踏み出せないシングルファザーもいるのです。

    子どもの気持ち


    恋愛をすることで子どもに与える影響を心配するシングルファザーも多いです。シングルファザーになった経緯は人それぞれですが、どのような場合であっても母親に対する子どもの思いは大きいもの。母親と離れて暮らさなければならなくなった子どもの気持ちを考えると、恋愛をしようという気持ちにはなかなかなれないのです。

    生活環境や住居の問題


    シングルファザーの中には両親と同居をしていたり、マイホームを購入済みで生活環境を変えることができなかったりする男性もいます。今の暮らしを変えることが難しいため、女性と恋愛関係に発展したときにそのことが障害になるかもしれないと考える男性が多いのです。

    行動が制限される


    シングルファザーはさまざまな場面で行動が制限されます。子どもがいることで親としての責任が生じるため、未婚の男性や子どものいないバツイチ男性のように夜に出歩いたり休日を自由に過ごしたりすることができません。

    そのため、女性と恋愛関係になっても一緒に過ごす時間がとれず、十分に満足させてあげることができないのではないかとネガティブなことばかりを考えてしまう事が多いと言えます。

    恋愛に臆病になっている


    ほとんどのシングルファザーは恋愛に臆病になっています。もちろん恋愛をしたいという気持ちはあるのですが、仕事や家事に追われて子育て中心の忙しい生活を送る中では、恋愛に向かう気力も体力も十分に残っていないというのが現実でしょう。

    そもそも「子持ちの男性と恋愛や結婚をしたいという女性はいるはずがない」と思い込んで、恋愛自体をあきらめている場合もあります。過去にシングルファザーであることを告げた途端に避けられたり振られたりした経験がある男性も、恋愛に対して自信がなくなっている可能性があるでしょう。