エロいギャップの鍵は清楚?男の本音&エロギャップを武器にする方法

  • 「エロいギャップ」を演出するコツと注意点

    エロいギャップは、女性の意識次第でいくらでも演出できます。

    しかし、何事もやりすぎには要注意。エロは劇薬にもなるので、スパイス程度に留める塩梅が大切です。そこで、エロいギャップを作るためのコツと注意点をお教えします。

    相手の想像を裏切り、意外性でギャップを作る


    ギャップは、「想像していたことと違う一面」が判明した際に発生します。そのため、ギャップを作る前段階として、相手の想像を裏切る意外な行動が必要です。

    「ギャルっぽいのに下着は清楚」や「おとなしそうなのに積極的」がウケるのは、男性が「〇〇だろう」と予想したことへの裏切りがウケているから。このような意外性がギャップを生むので、あえて相手の予想を裏切るように心がけましょう。

    自分のキャラを把握しておく


    前述したように、ギャップは意外性から発生します。その意外性を演出するためには、自分のキャラを正確に把握しておく必要があります。

    「自分は他人からどう見られているか」リサーチしておけば、その予想を裏切る言動も想像できますよね。そうすることで、「清楚さ」と「エロさ」を同時に演出することができ、それが自然とギャップに繋がるのです。

    エロを出し過ぎると下品になるので注意


    男性にとってエロは大好物でもあり、劇薬です。演出の度合いを見誤ると、程よいエロさから逸脱し、ただの下品な女性と思われる危険も。

    そうならないためには、エロいギャップの中に「上品さ」を加えるのがコツ。

    キスやセックスは積極的に求めるものの、「下ネタ単語は使わない」「言葉遣いを丁寧にする」など、どこかで上品さを残しておくとバランスが取りやすいですよ。

    エロは好きな男性の前だけに留める


    誰にでもエロいギャップをアピールするのはやめましょう。みんなにエロい一面を知られたら、好きな男性に特別感や意外なギャップを感じさせられないからです。

    普段とは違うエロいギャップを見せる相手は、落としたい男性か、付き合っている彼氏だけにすることが重要。そうすることで、相手の男性に優越感を与え、よりギャップに興奮させることが可能になります。