エロいギャップの鍵は清楚?男の本音&エロギャップを武器にする方法

  • 清楚とエロのギャップが男ウケ抜群なワケ

    ではなぜ、清楚とエロという相反するイメージが生み出すギャップが、男性の心を掴み続けるのでしょうか。清楚だけでもエロだけでも物足りないのはなぜなのか、その理由を解説します。

    清楚すぎると近寄りにくいので隙(スキ)が欲しい


    「隙のある女はモテる」という言葉は、一度は聞いたことがあるでしょう。完璧な女性よりもどこかほころびのある、アンバランスなところに男性は魅力を感じます。

    見た目から中身まで清楚一色な女性はスキがなく、想像どおりで面白みに欠ける印象です。男性から見て何から何まで清楚な女性は近寄りがたいので、どこかに隙が欲しいのです。

    隙といっても色々ありますが、男性にとって一番嬉しいのがエロそうな一面です。「清楚に見えてちょっとワイルド」よりも「清楚に見えてちょっとエロい」方が、男ウケが良いのは明らかですよね。

    エロすぎると下品に見えてセフレ止まりになる


    清楚とエロのギャップは間違いなく男ウケしますが、やりすぎにも注意が必要です。

    エロを過剰投入してしまうと、ちょうどいいエロのギャップを超えて、ただの下品な女性に思われがち。女性のエロさは男性にとっての劇薬なので、用量用法を見極めた塩梅が大切です。

    例えば、チューブトップ・ミニスカ・網タイツ・ガーターベルトの女性が電車に乗っていたらどうでしょう。男性は間違いなくチラ見しますが、「彼女にしたい!」と思うかどうかはまた別ですよね。

    エロを通り越して下品になると、男性もその女性を軽く見る傾向が強まるので注意しましょう。

    「新たな一面を見た」と新鮮に感じる


    男性に限らず、人は相手の新たな一面を知ることで、その人物の魅力に気づくことが多いもの。

    「清楚で大人しそうに見えて実はエロい」も、その女性の多面性が感じられるため魅力的なのです。男性の多くは、女性の意外な一面を知ることで新鮮さと興味を抱きます。

    「美人は三日で飽きる」という言葉がありますが、新たな一面を見せると男性を飽きさせずに済みますし、ますます良い女だと思ってもらえる効果も。

    また「清楚に見えてエロい」というギャップは、男性に特別感や優越感も与えます。他の男性には見せないエロい一面は、男性の独占欲を刺激するスパイスになりますよ。

    男の願望を同時に叶えられる


    清楚とエロは正反対の要素ですが、どちらも基本的には男ウケ間違いなしのテッパン要素。

    しかし、そのどちらかだけでは物足りず、両方持っていてほしいのが多くの男性の本音です。例えるなら、どんなにラーメンが大好きでも、毎日ラーメンだとつまらなくなるのと同様。

    男性が女性に清楚さとエロさの両方を求める想いは、ラーメンも餃子も味わえるハーフセットを求めるのと同じなのです。清楚さもエロさもある女性は、男が最も好きな2つを同時に叶えてくれる最高の女性ということなのですね。